改良されたキドニーグリルで好感度アップ 新型BMW 3シリーズと3シリーズ ツーリング


SUVの普及にもかかわらず、BMWの最大の販売台数は依然として3シリーズであることを知ると、気分が良くなってくるかもしれない。あと、4シリーズ、あれは3シリーズクーペのリバッジに過ぎない。

BMWはこの車をブランドの「核」と呼び、発売以来45年以上にわたって、世界中で1,600万台以上を売り上げているのだ。そして、この2台の新型3シリーズ サルーンと3シリーズ ツーリングは、BMWが今年発売する最も重要な新型車だろう。

一見したところ、この3シリーズが先代モデルに対してもたらした変化には気づきにくいかもしれないが、スポーツジムに通ったことのある人ならわかるように、鋭い観察眼を持てば、細部の変化を確認することができるのだ。ライトはよりスリムになり、逆「L」字型のサインを採用している。幅も狭くなり、まるで息子の挙動不審を訝っている親のようだ。

フロントとリアのエプロンが改造され、「修正された輪郭と新しいダブルバー」がグリルに「力強さ」を与えているようだ。それでも、BMWが他の車種のフロントに貼り付けているものよりは、ずっと好感が持てる。英国仕様の3シリーズは、SportまたはM Sportのどちらかのみの設定となる。

330iは2.0リッター4気筒だが、パワーデリバリーを向上させるためにいくつかのアップグレードが施されていることを忘れてはならない。エキゾーストマニホールドはシリンダーヘッドと一体化され、ターボシステムは排気ガスの冷却を向上させた。パワーは255bhpです。その他のラインナップは従来通りである(320i/320d/330e/330d/M340d/M340i)。

320dと340dには48Vマイルドハイブリッドが搭載され、最上級の直6エンジン車である340dと340iには全輪駆動が標準装備されている。320i、320d、330eにもオプションで用意されている。また、ブレーキ機能付きクルーズ・コントロールを含む多くのドライバーアシスタンスが全車に標準装備された。

インテリアでは、BMWの新しい湾曲型ディスプレイが採用され、ホイールの後ろにある12.3インチのスクリーンと14.9インチのコントロール・ディスプレイが一体化されている。中央の吹き出し口はよりスリムになり、タッチ操作のできる面が増え、すべての3sにPDC、ライブ・コックピット・プラス、自動調光式リアビュー・ミラーを標準装備している。

英国での価格は、320iが36,670ポンド(587万円)から、M340i xDriveが52,965ポンド(850万円)からとなっている。


=海外の反応=
「3シリーズ Mスポーツツーリングはどうなったの?ちゃんとやらないと、ガソリンヘッドの人たちが、他のメーカーに行っちゃうよ。ガソリンヘッドは、電気じゃないクルマでパワーが欲しいのに」
「ハイパー巨大メガストレッチなiPad…これはそんなに必要だった?」
「小型のワゴンは理解できない。実用性を求めるなら、Eクラスサイズだ」
↑「その意見には反対。私たちには2人の子供がいるが、Eクラスはやりすぎ。現在、私たちは全員1シリーズにちょうどよく詰め込んで、キャンプにも行っているよ。我が家のような規模の家族には、このくらいがちょうどいいサイズ」
「ちょっと顎が大きいね。これだと、こんな色合いの方が良いと思う。そして、背中がちょっとギザギザしすぎているのが気になる。でも、最近の作品に比べたらマシ」
↑「ブルーの方が良く見えるのはグリル周りがメッキなのが大きいだろうしね」
「タッチコントロールは破格に残念。BMWさん、深く考え直した方がいいよ。そして、なぜこれらの大画面は、メーカーに関係なく、コンピューターショップの汎用アクセサリーのように見え、盲目の子供によってランダムに配置されなければならないのだろうか?」
「M3ツーリングはどうなった?」
↑「ほんと、それ。確かに、これは先代3シリーズM3ツーリングが出る前に出そうだね」
「フロントがちょっとびっくりしているように見える。また、内部の物理ボタンで操作するヒーターコントロールも捨てられたようだ…」
「写真11が一番よくわかるけど、BMWは残念ながらボンネットラインの後退に悩まされている…。つまり、グリルが意味もなくボンネットの中にどんどん上がってきているのだ。特に最近のグリルはフェイクなので、腹立たしい限り。BMWはもっと小さなグリルに戻してほしい」
「純粋に良さそうに見えるのか、それとも他のBMWのラインナップが反感を買うので、それを考慮すると良さそうに見えるだけなのか?」
「正直、このアウディっぽいレベルの一般的なものよりも、みんなに嫌われるような変なものの方が好き」
「この車、確かに見た目は悪いし、リアバンパーは本当にボーイレーサーだね(せっかくディフューザーがあるのに!)。でも、あのブルーは素敵だ。自分の考えでは、現行の5シリーズがレンジで最も美しい」
↑「僕は、これが全体的にまともなクルマだと思うし、エステートの青が素晴らしいっていうのには同意。でも、リアバンパーが変で、オーバースタイルに見えるな」
「このリフレッシュはいいね。アルピナバージョンが楽しみ。このようなデザインは、他の車*コホン テスラとか…*にはない魅力だと思いう」
「このままでは、ストームトルーパーにしか見えない」
「このツーリングはめっちゃナイスだ、とくに最近のBMWの中じゃ…」
「久しぶりの目に毒じゃないBMW、なんてホッとしたことか」
↑「この写真を見て、少なくとも50%は醜悪さが軽減された。プロポーションはまだ不気味の谷のような反応を引き起こすが、少なくとも、実際に見るまでは、悩まされることはないだろう」
↑「私は逆。新しいデザインの鼻の穴がフレアになっている方が、これより現代的で良い感じだ。3シリーズでそれをやる度胸がなく、結果的に古く見える。これはジャガー Fタイプのフェイスリフトと同じくらいひどいランクだ」
↑「前世代よりずっといい感じだと思う」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49330/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ