コンフィギュレーターで時間を使っちゃいそうなランドローバーの新型レンジローバー スポーツ

昨年公開された5代目レンジローバーに続き、今度は3代目レンジローバー スポーツが登場した。第一印象を感じるのチャンスは一度きり、あなたはどう?

見た目はさておき、中身に入ろう。新型RRSは、レンジローバーよりも地面に吸い付くように走り、ねじり剛性を35%アップしてスポーティなダイナミクスを実現し、ドライビングポジションを20mm低くして、その使用を促している。以前よりも背が高く、長くなったことで、スタジアムシートにもかかわらず、リアに広いレッグルームとヘッドルームを確保することができる。トランクルームは835リットルに拡大した。

全輪ステアリング、電子制御アクティブデフ、トルクベクタリング、ダイナミックエアサスペンション(切り替え式エアスプリングとツインバルブアクティブダンパーを組み合わせ、悪路での快適性と悪路でのハンドリングを両立)が用意されている。さらに、オフロード専用のアダプティブ・クルーズ・コントロールも装備された。

しかし、今回は7人乗りの選択肢はない。ランドローバーは、もしあなたがスポーツを買うなら、3列目のシートはおそらく優先されないと判断したのだろう。 それなら、理にかなっていると言える。

2種類のプラグインハイブリッド、3種類のマイルドハイブリッド(ガソリン1種類、ディーゼル2種類)、そして新しい4.4リッターツインターボV8だ。後者はフラッグシップエンジンで、最高出力は530ps、0-100km/h加速は4.3秒。あら、速い。

プラグインハイブリッドのP510eは510ps、P440eは440psで、前者は0-100km/h加速が5.4秒と、パワーのないバージョンよりコンマ4秒速いのだ。どちらも3.0リッター6気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせ、38.2kWhのバッテリーを搭載し、113kmのゼロエミッション走行距離を実現している。イギリスの社有車税に相当するCO2排出量は18g/kmだ。

さらに、P400(400ps)ガソリン、D300(300ps)およびD350(350ps)ディーゼルもラインアップされている。いずれも3.0 6気筒で、全輪駆動が全車種に標準装備されている。そして、2024年には電気自動車が登場する予定だ。そりゃ、そうなるよね。

インテリアは航空機のコックピットからインスピレーションを得たデザインで、標準的なレンジローバーよりも操作系に重点を置いている。そのため、パドルやドライブセレクターなど、実際に使用する部分と装飾的な部分とでは、クロームの色合いが異なっている。

13.1インチの湾曲したタッチスクリーンには、ランドローバーの最新のPivi Proシステムが搭載されており、ランドローバーでは、ほとんどの機能を2クリックで利用できると考えている(「ウェイドフィンガージャブ」と読もう)。Apple CarPlayとAndroid Autoのスマートフォン接続はワイヤレスで利用でき、Amazon Alexaの音声コントロールも搭載されている。一方、そのドライバーディスプレイのサイズは13.7インチで、画面サイズはバンパーのように広い。

ランドローバーはまた、よりサステナブルな素材も提供することを大々的に打ち出している。レザーのインテリアが標準だが、さらにお金を用意すれば、レンジローバースポーツに、ポリウレタン製の、よりグリップがよく、通気性がよく、環境にやさしい代替品を装備することができる。TGはこれを実際に試したかって?ああ、本当にむしろ良くなった。

他には?新型レンジローバースポーツの22インチアロイは、Mk2の23インチよりも軽くなっている。地上高は281mm、水深は900mmで、車高は135mmに調整可能。LEDヘッドライトは1/2kmの照射距離を実現し、リアには市販車初の「サーフェスLEDテクノロジー」が採用されている。メリディアンサウンドシステムには29個のスピーカーが搭載され、移動中のロードノイズを軽減するノイズキャンセリング技術がヘッドレストに装備された。その数、数え切れないほどの満載感だ。

「ランドローバーの先駆的なフレキシブルMLAアーキテクチャと最新のシャシーシステムが一体となって、レンジローバースポーツにこれまでで最高レベルのダイナミズムを与えています」と、JLRの車両プログラム担当エグゼクティブディレクター、ニック コリンズは語っている。「統合シャシーコントロールは、最新の切り替え式エアサスペンションシステムからダイナミックレスポンスプロ電子制御アクティブロールコントロールまで、あらゆる革新的な技術を統括しています。その結果、レンジローバースポーツはこれまでで最も魅力的でスリリングな車となりました」

価格は79,125ポンド(1,275万円)からで、イギリスでは現在オーダーブックが開始されている。SEとAutobiographyの2つのトリムがあるが、生産開始から12ヶ月間はファーストエディションが販売される。問題は、あなたがコンフィギュレーターに何時間費やす覚悟があるかということだ。

=海外の反応=
「最近、SUV界のAppleになっているランドローバー。フェイスリフトではなく新車であるべきなのに」
「前面がダメで背面がいい。背面がカッコイイ」
「レンジローバーで初めて魅力を感じた。素敵だと思う」
「新しい赤のカラーがほしいな」
「外装は先代にここのヴェラールの表面処理をしただけのものであって欲しいような。前のフロントはすっきりしていたのに、この新しいバックは何とも素っ気ない感じ。それでも前述した表面処理とあの素敵な内装のおかげでより好感が持てるけど。信頼性がライバルと同等であることを祈ろう(そんなことはないだろうけど)」
↑「結果、リアナンバーの一元化がうまくいっているのかどうかがきになる」
「このように、BMWが新型7シリーズで行ったような「大胆な」(醜いという意味)顔の誘惑に負けたのは良いこと。このような、「痒いところに手が届く」ようなデザインは、まさにミニマムで首尾一貫したもの。インテリアはすっきりしており、すべてが期待通りの場所にあるように見える。
あと、ロータリーノブ!理性はまだ絶滅していない!(VWの誰か、これ読んでる?)」
「もうすぐ高速道路でベタ付きされて、あなたのバックミラーに映るよ」
「洗練されているのは認める。けど、トランクに物を持ち上げるのは嫌だ。もし、どのSUVが最も短いテールゲートを持つかという競争があったら、きっとこの車が勝つだろう。マジでどうやったらあんなに高い位置にトランクの縁をつけられるんだろう?」
「僕に言わせれば、ナンバープレートが空白のスペースが多いので、もっと高くする必要があるような気がする。鼻と口の間の空間が遠すぎる感じ」
「このデザインは、ランドローバーがやっているデザインに恋しているんだ。古いものに似ているが、より曲線的でセクシーだ」

ピックアップ

アーカイブ