お待たせしすぎで存在を忘れそうになった(てる)クルマ9台

「いやー、待たせたねぇ」と言いながら出てきた頃には、存在を忘れ去られてたりして。待つだけの価値があるかどうか?この9台のクルマは、道路に出るまで、えらく時間がかかった(てる)んだよね。

ブガッティ ヴェイロン


ブガッティは2001年、最高速402km/h、最高出力1,000bhpの、ぶっちぎりの称賛を受けるショーストッパーの製作を約束した。だが、それからが大変だった。冷却、タイヤの安全性、ブレーキ、ステアリングなどの問題でプロジェクトは遅れ、最初のプロトタイプが自力で動くようになったのは2003年になってから。そして、ヴェイロンの生産が開始されたのは、2005年のことだった。

レクサス LFA


LFAは、設計図から大富豪のバンカーに納車されるまでに時間がかかり、実際にコンセプトカーがフェイスリフトされたことは有名な話である。2005年にLF-Aコンセプトが発表され、2007年にリモデル、2008年にロードスターが発表された。そして2011年、ようやくレクサスは最高出力552bhpの完成車を世に送り出すことになったた。

ホンダ NSX


ホンダが初代NSXの後継車を作ると最初に約束したのは2007年のことだった。その1年後、ホンダは信用収縮のため、このプロジェクトを中止。その後、2011年にミッドエンジン搭載の新型NSXが登場するとの報道がなされた。2012年にコンセプトカーを発表し…、2015年末にショールームで公開された。

テスラ ロードスター


テスラ ロードスターは当初、2014年の登場が予定されていた。そして2017年、(現在遅れている)セミ トラックの公開のときだった。マスクはこのクルマを2020年に正式に発売すると言っていたのに。2020年、これは2021年に延期された。そして2021年、今度は2022年の生産になった。さらに2023年という約束になり…。

テスラ サイバートラック


サイバートラックが発表されたのは、2019年11月のことだった。2021年後半の生産時期が2022年、2023年と伸びていき、現在テスラは公式サイトからサイバートラックを予約する機能を削除している。一方、フォードとリビアンの電気トラックは、もっと手前の発表予定にある。

アストンマーティン ヴァルキリー


2016年7月にデザインモデルとして初めてお目見えした。それ以来、アストンマーティンは激動の時を過ごすこととなる。明らかに、世界的なパンデミックは、なんの役にも立っていない。アストンは、最初の10人のオーナーが2021年後半にクルマを受け取ることを発表した。2022年、この新しいラップタイムのベンチマークをついにドライブできることを願っている。

メルセデスAMG One


プロジェクト ワンは2017年に公開された。2015年のF1由来のハイブリッドターボV6エンジンのアイドリングスピード、エミッション、サービス性に関する途方もない研究開発のハードルを経て、ついに2022年、絶対に、間違いなく、本当に、生産が予定されていた。次の記事をお見逃しなく。紹介動画はこちらからどうぞ。

TVR グリフィス


TVRの伝統的な財政破綻の1つの後、同社は2013年に手を変え、2015年に新しい車を開発し、2017年に発売すると騒ぎ始めた。しかし、実際にクルマを作るという点では、不吉なほど静かな状態が続いている。現在、生産は2023年後半とされているんだけど…。

アップル プロジェクト タイタン


2014年にプロジェクトがGOされたという噂が流れたが、それ以来、噂は止まらなくなっている。最近では2020年の報道で、Appleは2024年に車を公開すると言われていたが、他の憶測ではAppleは代わりにAIの自動運転ソフトウェアにリソースを移動していると言われていた。真相を、誰か知ってる?



ピックアップ

アーカイブ