ベントレーの1965年の最初期出荷モデルのTシリーズをフルレストア

数十年にわたり路上を離れ、保管されていた最初期のベントレー Tシリーズが、ホイールアップによる完全なレストアを開始し、よみがえる。6¼リッターのプッシュロッドV8は、少なくとも15年ぶりに始動し、エンジンとギアボックスは長期間の放置にもかかわらず良好な状態であることが証明された。少なくとも1年半はかかると思われるレストアプロジェクトを経て、優れたコンディションに戻されたこの車は、ベントレーの103年の歴史を物語るロードゴーイングカーのコレクションであるベントレーヘリテージコレクションに加えられる予定である。

最も古いTシリーズは、1965年9月28日に製造された。ベントレーモーターズが所有し、世界各地で試運転が行われたこのTシリーズは、シェルグレイのエクステリアペイントとブルーレザーのインテリアで仕上げられた。

Tシリーズは1965年10月5日のパリモーターショーで初めて発表・展示され、先代のSタイプとは大きく異なるものであった。特筆すべきは、それまでのベントレーがすべてシャシーとボディーを分離していたのに対し、Tシリーズはモノコックを使用した初のユニット構造方式を採用したことだ。

225馬力、6¼リッターのV8は、もともと1959年にベントレー S2に搭載されるために設計され、導入されたもの。当時、このエンジンは2.7 lb/hp (1.2 kg/ps)という、市販車としては世界最高の重量比出力を達成した。当時はオーバーエンジニアリングと言われたこのエンジンだが、その固有の強度、信頼性、開発ポテンシャルから、その後50年にわたりベントレーの主力エンジンとして使用されることになった。2019年に引退するまでに、このエンジンは当初の2倍以上のパワーと3倍のトルクを発揮しながら、排出ガスを99%削減することに成功した。

2016年10月、アプレンティスのグループがTシリーズVIN 001の若返りプロセスを開始した。トリムの取り外しとボディ・イン・ホワイトの再調整を皮切りに、Tシリーズは現役復帰への道を歩み始める。最初の準備の後、現在の製品群の導入と将来の電動化活動が優先され、作業は中断されたが、ヘリテージコレクションに再び注目が集まり、この車は復帰の道を歩み始めている。

もっと詳しく知りたい、という人のために、Tシリーズの歴史について振り返ってみよう。1958年、ベントレー初のモノコックの設計が開始された。ベントレーは、独立したシャーシに支えられたコーチビルドのボディで知られていたが、コーチビルドのビジネスが衰退していく中で、顧客の期待や要求が変化していった。顧客は、ベントレーのボディが小さくなっても、それまで期待されていた広さ、豪華さ、快適さを維持することを望んでいた。

1962年には、Rタイプコンチネンタルのスタイリングで有名なジョン・ブラッチレイが、スチールとアルミニウムのモノコックボディの新しいエクステリアデザインを完成させた。このデザインは、先代のS3の乗客スペースを改善したもので、車体長は7インチ短く、車高は5インチ低く、幅は3.5インチ狭くなっていた。キャビンスペースは全体的に拡大し、トランクも大きくなって荷物の積載量も増えている。

新開発のV8エンジンを搭載した7台のプロトタイプは、10万マイル(16万km)を超える耐久走行を含む大規模なテストを行った。エンジン、トランスミッション、サスペンション、ステアリング、リヤアクスルを搭載するサブフレームを分離し、ロードノイズや振動を遮断するために「ビブラショック」というゴム製のサブフレームマウントを開発するなど、設計上の工夫も凝らされた。

ベントレー Tシリーズは、ベントレーとして初めてシャシーの分離構造を採用し、その比較的軽量な構造から、1965年の4セダンとして最高速度115mph(185km/h)、0-100km/h加速10.9秒という素晴らしい性能を発揮し、革新的なエンジニアリングの一例として高く評価された。

初代Tシリーズは1,868台が生産され、税引き前価格は5,425ポンド(90万円)、大半はスタンダードな4ドア・サルーンだった。1966年には2ドアバージョンが、その1年後にはコンバーチブルバージョンも登場したが、生産台数はわずか41台と抑えられた。1977年にはT2と呼ばれる2代目が発売され、1980年まで生産された。

ピックアップ

アーカイブ