ケーニグセグ ジェメーラのカムレス3気筒エンジン音を聴いてみよう

いくつか注意点がある。600bhpのフルパワーを発揮できるわけではなく、回転数もおよそ半分程度にとどまっているんだ。また、排気音やエンジンのレスポンス、この「小さな優しい巨人」が車の他の部分とどのように相互作用するかなど、まだ多くの微調整を行う必要があるってことも言っておかなきゃならない。

でも、まだある。社長のクリスチャン フォン ケーニグセグは、プロトタイプのジェメーラのエンジンを初めて始動させたが、それが「小さい」とか「フレンドリー」であることを示唆するものは何もなかった…。ジェメーラのトップから発せられる周波数は、まったく正反対であることを主張している。例えば、古いV8マッスルカーのような。あるいはドラッグスターのような。

だがしかし、実は小さいのだ。2.0リッターツインターボ3気筒エンジンは、ケーニグセグの「フリーバルブ」技術によって、カムを排除してバルブタイミングを改善し、効率とパワーを向上させている。

ケーニグセグ ジェメーラのカムレス3気筒エンジンの仕組みは以下の通り。

「このクルマの技術は別世界のものです」とケーニグセグ。彼はこのクルマを「パワーモンスターだが、フレンドリーなモンスター」であると表現し、「運転が簡単で楽しい」ことに言及した。

前述のように、このクルマ、テストカー 1、つまり「TC1」は、完成品になるまでにはまだ長い道のりがある。「パワーレベル、回転数を上げていきます…。今は4,500rpmくらいまで回していますが、あと4,000rpm以上に上がります」とケーニグセグ氏は語った。

完成すれば、ジェメーラは非常に優れたものを提供することになる。2.0リッターツインターボの「タイニー・フレンドリー・ジャイアント」は、最高出力600bhp、3つの電気モーターとの組み合わせで、合計1,700bhpと3,498Nmのトルクを発生させる予定だ。つまり、0-100km/h加速1.9秒、最高速度402km/hを実現する。4人乗りのファミリーカーでありながら、カップホルダーには冷暖房が完備されている。

カップホルダーの飲み物を口にする前に、「ちょっとだけ、このクルマの味を試してみようか…」ってことで、下の動画をどうぞ。



=海外の反応=
「フィエスタ ST 1.5、デカット、非共振ストレートスルーパイプのような音」
↑「ストレートパイプ、コールドエアインテーク、ニトロパージ、ターボが使えなくなったら、どんな世界になるんだろう! うーん。楽しみながらやるしかないね。YouTubeにしかアップされないと思うとさ…」
「クリスチャンは体が決して小さくはない。そのドアは巨大だ。もしかして、世界一大きい車のドアって、史上初?」
「どんな音なのか、よくわからない。V12のような美しい音ではなく、独特の、目的を持った音かなあ」
↑「僕にはバイクのエンジンのように聞こえた」
↑「3気筒の小さなエンジンだそう。クリスチャンが、エンジン音などを控えめにしているのか、それとも4月1日の3日後にこのジェメーラを公開したからなのかは分からないが、私にはこのプロトタイプが、ただの3気筒よりもずっと平均的で、より生々しいパワフルな音を出しているように聞こえた」
↑「ほとんどの自動車メーカーは、自社ブランド特有の音を出すために多くの時間とお金を費やしている。フェラーリはフェラーリらしい音を、BMWはBMWらしい音を。ボタンを押したときやドアを閉めたときの音に至るまで。スピーカーからフェイクノイズを入れることさえある。だがケーニグセグはそのようなことは一切していない。彼らのエンジンは、常に生のエンジニアリングの音をそのまま再現しているのだ」
↑「ケーニグセグは、1994年の創業当初から、2002年まで、すべてのCCバージョンでそれを行っていた。当時、彼らは他のブランドのエンジンを使用してテストし、試していたんだ。今回はジェメーラの新しい3気筒エンジンでだが、上の動画で見られるように、プロトタイプのフォームであり、これで終了じゃない」
↑「ああ、ちょっと誤解を招きそうなことだ。ケーニグセグは他のエンジンを使ったことはない。彼らは、自分たちのエンジンを作る能力を持つ前に、最初の車のベースとしてフォードのブロックを使った。その後、自分たちでエンジンを作るようになっている。しかし、重要なのは、むしろ、彼らのエンジンの音は、彼らの音そのものであるということだ。人工的なノイズやサウンドチューニングは一切していない。少なくとも、過去にはなかったことだ。それから、ゴーストのマークは、ケーニグセグが現在使用している格納庫と滑走路を使用していた戦闘機隊に由来している」
↑「カムレスフリーバルブという技術かも?3気筒と2気筒ディーゼルとイカした直6を混ぜたような音だね。ハマりそう」
↑「そうだね…。間近で見たとき、あの飛行場の外では、まるで触媒コンバーターのない直6BMWのように、とても大きく、深く、残忍な音がしたなあ。でも、これは、他のすべてのテストの前、そして車両認証に必要なテストに車を提出する前の、まさに最初のスタートということなので、どうにか納得がいく」

ピックアップ

アーカイブ