フェルナンド アロンソとの会話から生まれた武士道精神を表すリシャール・ミルのトゥールビヨン

サムライの時代ー。日本文化への賛美をもってデザインされた新たなマスターピースが登場した。リシャール・ミルが設計に約4年の歳月をかけたRM 47 トゥールビヨンが、75本限定で発表された。予定価格は136,400,000円。非常にコンパクトなキャリバーを組み込み、全て手作業で造られた甲冑を納めるスペースを確保するため、デザインが工夫されているという貴重な逸品だ。さらに驚くことに、このモデルはリシャール・ミルとF1の世界チャンピオンに2度輝いた経験を持つ、ブランドパートナーであり、日本の伝統文化とサムライ精神に深い思い入れを持つフェルナンド アロンソとの忌憚ない会話から誕生したというのだ。

この新しいモデルは、単なる製品の枠を超え、ブランドが象徴するところの「鑑賞に値する」時計の一員として加えられる。エングレーヴァ―、ピエール=アラン・ロズロンによる手彫りと、彼の妻ヴァレリー・ロズロンの塗装によって作製された甲冑は、歴史的な日本文化のいくつもの要素を表現している。現在の日本社会にも継承される武士道の倫理規範の真髄を表現する3Nイエローゴールド製の甲冑、それは、古き時代の日本の崇高な神社の装飾や伝統工芸職人の作品に使用されてきた金箔を彷彿とさせるものだ。

多くの部分には、武士道精神を象徴する家元として浅野家が参照されている。18世紀、赤穂藩藩主であった浅野長徳は、同時に彼の死を招いた敵を仇討し、後を追った47人の浪士の主人でもあった。家元はそれぞれを象徴する紋章である、家紋を有する。浅野家の家紋が、6時位置にあるトゥールビヨン上に雄々しく据えられている。丸に交差した2枚の鷹の羽は戦での強さと、藩主としての権威を表している。この紋章は、侍の兜の吹き返しにも非常に緻密に刻まれている。リューズは、チタン、カーボンTPT®と研磨した3Nイエローゴールドで作られており、季節の象徴であり、優雅で美しく、儚い命を例えるイロハモミジをモチーフにしたものだ。そして鞘に納められた2本の剣は、万が一に備えてすぐに引き抜けるよう刃先を上に向けている。

この装飾は彫刻作品に匹敵する傑作であり、忍耐、細心の注意、器用さ、そして情熱を要すものだった。「刀とノミ、刀の刃とエングレーヴァ―の技術精度が示される堀跡、というように武具と私たちの芸術的作品の間には多数の共通点があります」とピエール=アラン・ロズロンは話す。それ故に、11個の部品からなるサムライの姿を、前面と後面、トゥールビヨンムーブメントの周囲と全てと完璧に調和させるためには、16時間以上の彫刻と9時間の塗装(合計で1日以上)が必要となるのだ。

甲冑は時分表示を司る手巻きキャリバーRM47を保護する貴重な役割を担っている。ムーブメントが最適に作動する様、地板とスケルトン加工されたブリッジには、航空宇宙産業でしばしば使用される生体適合性合金であるグレード5チタンが使用されている。RM 47のムーブメント、ケース、そして装飾は、全ての構成要素が調和し、効果的に一体感を成していることは明らかだ。トノー型のケースは、3Nイエローゴールドのミドルケース、TZPブラックセラミックスのベゼルと裏蓋の3つのパーツで構成されている。抜群の美的センスで、75本のRM 47 トゥールビヨンは武士道の精神と真髄を表現し、完璧と伝統への尊重を徹底的に追及し、体現している。

ピックアップ

アーカイブ