フォーミュラ1 2022:参戦チームとドライバーラインナップ

2022年のF1が開幕中だ。ここで、参戦チームとドライバーをまとめておこう。

メルセデスAMG


ルイス ハミルトン GBR + ジョージ ラッセル GBR

車名:W13 / エンジン:メルセデス

チャンス:ハミルトン対ラッセル戦は、アブダビで不運に見舞われたルイスと、大舞台に立ったジョージ、どちらもやる気満々だろう。新しいルールとより厳しい費用負担により、タイトル9はこれまでで最も困難なものとなっているが、過去8回のレースでは優勝候補に挙げられている。

シーズン目標:クリスチャン ホーナーのニヤケ顔を何としてでも消すこと。

レッドブル レーシング


マックス フェルスタッペン NED + セルジオ ペレス MEX
車名:RB18 / エンジン:レッドブル

チャンス:フェルスタッペンの初タイトル獲得に沸く、新型車の弊害は?ホンダが去ってしまったことで、チームは自分たちでエンジンを担当することになった。それでも、エアロの魔術師エイドリアン ニューウェイに賭けることはないだろう。

シーズン目標:メルセデスがシーズン末にまた裁判を起こすことに備え、弁護士を確保する。

スクーデリア フェラーリ


シャルル ルクレール MON + カルロス・サインツ SPA

車名:F1-75 / エンジン:フェラーリ

チャンス:グリッドで最も互角のペア?ルクレールは2021年にサインツに惜しくも敗れたが、重要なのはマクラーレンをオーバーホールしたこと。チームは、勝利の女神から敗北に至る癖を直す必要がある。

シーズン目標:堅苦しいイメージを払拭し、「Drive to Survive(Formula 1: 栄光のグランプリ)」で覚醒した姿に。

マクラーレン


ダニエル リカルド AUS + ランド ノリス GBR

車名:MCL36 / エンジン:メルセデス

チャンス:昨季は9年ぶりのGP優勝と唯一のワンツーを決めたが、不思議と後半3分の1は勢いがない。リカルドとノリスはネット上では頻繁に優勝しているが、強力なSNSパワーでは、リアルサーキット上の栄光の代わりにはならない。

シーズン目標:Instagramのフォロワーを1,000万人にして、NFT市場を開拓する。

アルピーヌ


フェルナンド アロンソ SPA + エステバン オコン FRA

車名:522 / エンジン:ルノー

チャンス:2021年のハイライトはハンガリーでのオコンの勝利だったが、チームはランキング5位と残念な結果に終わった。少なくともフェルナンド アロンソは-40歳にして-まだ「持っている」ことを証明した。しかし、いつまでその力を維持できるかは誰にもわからない。

シーズン目標:「アル・パイン」ではなく「アル・ピーン」と発音することを世間に教える。

スクーデリア アルファ タウリ


ピエール ガスリー FRA+角田裕毅 JAP

車名:AT03 / エンジン:レッドブル

チャンス:21年に活躍したガスリーだが、レッドブルの関係でジュニアチームから抜け出せないでいる。チームメイトの角田はルーキーイヤーにクラッシュを連発したが、4位入賞を果たしている。F1で最も好戦的な開発プログラムから彼を守れるのは、目に見える進歩だけだろう。

シーズン目標:レッドブルのライバルの邪魔をできるだけやる。

アストンマーティン


セバスチャン ベッテル GER + ランス ストロール CAN

車名:AMR22 / エンジン:メルセデス

チャンス:昨シーズンは、落ち目の元チャンピオンとオーナーの息子を擁していたにもかかわらず、順位を落としてしまった。しかし、ライバルから重要人物を何人か引き抜き、さらにそのコストパフォーマンスは抜群だ。

シーズン目標:ブラックレイとミルトン・キーンズから資金を引き揚げる。

ウイリアムズ レーシング


ニコラス ラティフィ CAN +アレックス アルボン THA

車名:FW44 / エンジン:メルセデス

チャンス:スパでは1周のウォッシュアウトで表彰台に上ったが、チームはもうジョージ・"ミスター・サタデー"・ラッセルの予選マジックに頼ることはできない。彼の離脱は、アレックス アルボンの復帰を意味する。彼のキャリアを復活させるためにも、ラティフィに勝たなければならない。

シーズン目標:実力でポイントを獲得し、故フランク ウィリアムズが誇りに思ってくれること。

アルファ ロメオ


バルテリ ボッタス FIN + 周 冠宇 CHN

車名:C42 / エンジン:フェラーリ

チャンス:2022年に向けて唯一のオールニューラインナップとなるアルファは、バルテリ ボッタスという既知の存在と、周という未知の存在を擁している。周は中国初のF1ドライバーで、昨年はF2で3位入賞を果たしている。しかし、COVIDによって、彼が少なくとも2023年まで母国でのレースが開催されないことを意味している。

シーズン目標:キミ ライコネンが残した膨大な酒のキャビネットを整理する。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/03/46979/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ