フェラーリ 296 GT3:マラネッロがGTレーサーのスケッチを数点公開、2023年のル・マンが待ち遠しい

ひょっとすると、フェラーリはコラボのチャンスを逃したんじゃないか。数週間前にバットマンが公開されたが、これにぴったりだったのは、このフェラーリ 296 GT3以外ない。この脇腹の威圧感は半端じゃないよ。

これはマラネッロの2023年型GTレーサーで、488 GT3の後を継ぐものの最初の姿だ。フェラーリによると、この車は107のタイトルを獲得し、歴史上最も成功したフェラーリだという。770回の出走から429勝したということである。

それなら、296はプレッシャーがない。フェラーリは296のボリューム(台数)をどうするのか、その詳細を明らかにしていないが、これを見ると、確かにボリューム(見た目の迫力)があるのがわかるだろう。暗がりのスケッチの中でも、フロントアーチ、新しいフロントセットアップ、サイド、リア…。どこを見ても、296のプロポーションは荒々しく増幅されているのがわかる。

もちろん、ベース車のV6から電気を抜いた、とてつもないエンジンが搭載されている。忘れてはならないのは、この296 GT3には来年も仲間がいるということだ。なぜなら、フェラーリはル・マンのトップクラスに参戦するためのフルハイパーカーにも取り組んでいるからである。

フェラーリは296 GT3をこれを「ダークナイト」仕様にして、シーズン中走らせるべきだと思うのは、トップギアだけだろうか。

=海外の反応=
「これを見ると、怖くなるんだ。まるで自動操縦で私を見つけて殺すように プログラムされていると知っているような怖さ。でも、こういうのが好きだ」
「WEC参戦でF1での屈辱に終止符が打たれますように」
「GT7でセッティングを弄って、パフォーマンスを台無しにするのを見てほしい」
見た目はすごいけど ダイソンみたいな音がするんだろうな。レトロなNA車にこだわってるので、ありがとう」
「見た目は最高。でも、まだGTじゃない」
「アメイジング!」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/03/46600/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ