ロータス エミーラ 4気筒のファーストエディションが英国で4月8日から受付開始

新型ロータス エミーラに対するTGの評価は、もうお分かりのことと思う。また、本国の動画でサーキット走行もご覧になっているかもしれない。そして、ロータスのコンフィギュレーターに膨大な時間を費やしたことは間違いないだろう。

だが、残念ながら、あなたはもう一度コンフィギュレーターをやり直さないとならないだろう。なぜなら、ロータス エミーラ ファースト エディションは、2.0リッターの4気筒モデルで、独自のオプションとカラーバリエーションが用意されているからだ。なんという不運、いや、なんという喜び。

400bhpのV6 ファーストエディションは75,995ポンド(1,175万円)から、360bhpの2.0リッターは71,995ポンド(1,115万円)から(ロータスは、この種の公道用車としては最もパワフルだと主張している)である。なお、日本での価格やオーダーやデリバリー時期は未定となっている。

では、60万円の値引きには何が含まれているのだろうか?20インチの鍛造アロイホイール(もちろん超軽量)はツートンカラーで、お好みでシルバーやブラックのグロス仕上げも可能だ。ブレーキキャリパーは4色から、ボディはSeneca Blue、Magma Red、Hethel Yellow、Dark Verdant、Shadow Grey、Nimbus Greyの6色から選ぶことができる。

インテリアも、タンナッパレザー、ブラックアルカンターラ、サテンクローム、インテリアムードライティングなどのオプションで、カラーリングを楽しむことができます。LEDライト、チタン製エグゾーストフィニッシャー、ヒーター付パワーフォールディングドアミラー、リアパーキングセンサーもすべて含まれている。

さらに、オプションは続く。クライメート&クルーズコントロール、キーレスエントリー、ボイスコントロール、Apple CarPlay、Android Auto、ナビゲーション、DABラジオ付き340Wサウンドシステム、10.25インチのタッチスクリーンと12.3インチのTFTドライバーディスプレイも含まれている。ロータスの中に、すべての便利がある。これこそ、ニューノーマルにふさわしい一台だ。

そして、4つのオプションパックが標準装備されている。ローワーブラックパックは、バンパーエアブレード、フロントスプリッター、サイドシル、リアディフューザーなど、装飾性の低いパーツをグロスブラックで仕上げるものだ。

ドライバーズパックでは、ツアーまたはスポーツサスペンションと、グッドイヤー イーグル F1 スーパースポーツまたはミシュラン パイロットスポーツ カップ 2タイヤが選択できる。デザインパックでは、プライバシーガラス、スポーツペダル、ブラックアルカンタラヘッドライナー、ブランドロゴ入りフットウェルマットなどが追加される。そしてコンビニエンスパックでは、フロントパーキングセンサー、リアリバースカメラ、レインセンサーワイパー、オートディミングミラー、ラゲッジストレージネットがついてくる。

エンジンルームカバーもユニークで、Cピラーにバッジが施され、通行人にエミーラであることを疑わせることはない。

英国では、2.0リッターモデルは4月8日に予約受付を開始し、年内に納車する予定だ。エントリーレベルのエミーラV6と4気筒は2023年に登場し、価格はそれぞれ64,995ポンド(1,000万円)と59,995ポンド(935万円)となる予定だ。詳細は夏に発表されるとロータスは述べている。

このクルマが、ロータスが発売する最後のガソリンエンジン車であることをお忘れなく。次は電気自動車のSUV「タイプ 132」なのだ…。

=海外の反応=
「DCT搭載の4とマニュアル搭載の6のロードテスト(とサーキットテスト)を楽しみにしている。トップパフォーマンスを見るためというより、日常的に運転し、生活する上でどちらがより楽しいか、に注目したい」
「自動車メーカーが市販車の「ファーストエディション」を発売するのは、ちょっと馬鹿げていると思うのは私だけだろうか?最近、クルマのメンテナンスの世界では「スペシャル」が多くて、本当に嫌になる」
「ロータスはボルボと同じ道を歩むことになった」
「くっそー、もっと仕事を頑張らねば。本物のロータスの新車だ。V6とMTがいいんだけどな」
「なぜもっとお金をかけてV6エミーラを買わないのか、全く理解できない。それに公道用としてホモロゲーションされた4気筒エンジンの中で最もパワフルというのは真っ赤な嘘で、ケイマンが365馬力、CLA45が416馬力だからね」
「賛否両論あるかもしれないが、エミーラには4気筒がふさわしいと思う。4気筒はV6よりもかなり軽量で、純正では360馬力しかないが、より優れたギアボックス(DCT)を備えており、421馬力かそれ以上に改造することができる」
「360bhpの2.0リッター兄弟(この種のものとしては、これまでで最もパワフルな公道用ホモロゲーションであるとロータスは主張している)。A45S/CLA45Sに搭載されている421bhpのモーターと同一であると推測される。ロータスは、どのように/なぜその主張をしている。もちろん、エボXのFQ-440を忘れてはいけない」

ピックアップ

アーカイブ