ロータスが電気自動車のSUV、タイプ 132を中国で製造中で「ポルシェ化か?」の憶測が飛ぶ

ロータスはこのほど、エミーラを発表し、とても良い反響を得ている。史上最後の内燃機関車と称されるこのクルマは、伝統的なガソリンエンジンを搭載し、マニュアルギアボックスを選択することができる。このサイトを訪れている純血主義者は、安全な毛布にくるまれたように、エミーラの存在に寄り添ったほうがいいだろう。というのも、今日、ロータスからちょっと変わったニュースが飛び込んできたからだ。

ヘセルからではない。ロータスは、中国の武漢(そう、あの武漢だ)に新工場を「着工」し、来年のオープンに向けて、ロータス初のSUV、しかも完全な電気自動車であるタイプ 132を生産する。これはEセグメントのSUVと言われているが、これは「大きい」ということを意味している。ポルシェ カイエンのようなサイズだ。

それに続くのが、タイプ 133、134、135と名付けられた3台の電気自動車だ。2023年には、アウディのe-tron GTやポルシェのタイカンのような4ドアクーペが発売される。そして2025年にはポルシェ マカンのような小型のSUVが登場する。2026年には、純血主義者たちを魅了する、完全な電気自動車のスポーツカーが英国で製造される。

同じプラットフォームを採用し、92-120kWhの強力なバッテリーを搭載し、超高速充電と時速3.0秒以下の0-100km/h加速を実現する。

武漢の工場の敷地面積は100万平方メートルで、年間15万台の生産能力がある。しかし、ここでは車両を作るだけではなく、開発を支援するロータスの新しい技術センターも設置される。また、自律走行車のテストコースも設置される予定だ。

ヘセルが心配だって?ここではタイプ 135が製造され、ロータスのスポーツカー開発の鍵を握っていることは間違いない。有名なノーフォークのテストトラックには、クロスオーバーが入らないようにしたほうがいいようだ。ロータスが開発している新技術の中に「トラックレベル・インテリジェント・ドライブ」というものがあり、これはアクティブ・セーフティ・システムを少し悪くしたもののようである。

「新技術の目的は、ドライバーがサーキットでF1ドライバーと同等のパフォーマンスを発揮できるように支援することであり、同時に、先進的なソフトウェアとハードウェアによってドライバーの安全性を高め、路上でのパフォーマンスを向上させることです」という説明を受けた。「その結果、どのような環境でも、よりやりがいのある、安心感のある体験を提供することができるのです」

NIOの創業者であるリー ビン氏は、ロータス・テクノロジーに投資しており、「両者は互恵的な産業協力の機会を模索する可能性がある」と言われている。

「現在、世界の自動車産業は大きな変化を遂げています。世界最大かつ最も急速に成長している電気自動車市場である中国は、世界の自動車産業の変革において重要な役割を果たしています。常に "For The Drivers "であることをブランドミッションとするロータスは、インテリジェントでエレクトリックな未来の基準を再定義しながら、中心的な役割を果たしていきます」と、ロータスは述べている。

興奮してる?怖がってる?それとも、どういうふうに考えればいいのかわからないって?

=海外の反応=
「いや、そうじゃない。ロータスが素晴らしいスポーツカーを作るための資金を提供してくれることを期待してる」
↑「私はあなたの考え方が好きだ。ポルシェが初代カイエンでやったことを、ロータスがやっているようだね。正直なところ、ロータスがSUVを作ることに驚きはない。今の時代、SUVをラインナップに入れないと生き残れないからだ。そのSUVには、少なくともライバルに対して良いパフォーマンスを発揮してほしいと思う」
「本当に何を考えているのかわからない。ロータスはポルシェになろうとしていると思う。ポルシェには、フォルクスワーゲンのエンジンを搭載したカイエン、パナメーラ、マカンのような「普通の」ファミリーカーと、ボクサーエンジンを搭載したGTバージョンの911やケイマンのような特別なスポーツカーがあるから」
「ロータスは今や英国ではなく、中国のブランドであることをさらに証明しているニュースだ」
↑「まあ、以前はマレーシアの会社が所有していたのだが…」
「彼らは中国で電動ポールスター2を製造しているが、非常に優れたものだ。彼らの他のブランドであるボルボはもちろん優れているし、見た目も素晴らしく、ドイツ人が提供するものよりはるかに優れているのではないだろうか。中国製というだけで敬遠されるのは理解できないが、そういう人たちは、おそらくクラストップの性能を持ち、ちゃんとしたスポーツカーの資金源になるようなものに対して拒否反応があるのだろう。布地の下はすでに、よりかっこいいウルスのようにも見える。デザイナーがエミーラに続いて勝利することを願っている」
「ロータスが変わろうとしている…軽量化の現在に加えられるのは、脂肪太りか?」
↑「金融危機の近くだったのが、もう少し離れることができたのかな?」
「これでは、信頼性の評価が下がるような気がしてならない…」
「ボルボとは違ったボディだよね?」
「2人乗りのスポーツEVセグメントを独り占めできたのに、497番目にEVのSUVを市場に出すことにしたのだから。言葉もない」
↑「驚くことでもない。もしその理由が、プレミアムブランドの顧客が支払うことで、国内市場や欧米市場向けの安価な国産車に再利用されるような、きめ細かなSUVシャシーをジーリーが必要としているからだとしたら」
「ロータスは軽量化を加えることから取り除く動きへ。ボルボ/ジーリー/リンク/その他とは少し違った外観になることを期待している」
「今は完全に中国化してるよね」
「今回は本当に成功してくれることを願うばかり」

アーカイブ

subscribe RSS