がっかり…ボクスホール/オペル EVマンタはクーペ・クロスオーバーになるようだ

「新型マンタは、クラシックなものに新たな解釈を加えた、魅力的で驚くほど広々としたものになります」と、今週初め、ボクスホールがオペルの象徴的なネームプレートの復活を確認した際に述べた。

そして悲しいことに、まさにその通りなのだ。ボクスホールは現在、マンタがクーペ・クロスオーバーとして復活することを示すティーザー画像を公開している。どうよ、コレ?

これはマスタング マッハEと同じくらいインターネットを騒がせることになるのだろうか?上のスケッチのような外観であれば、自動車ニュースではバズるタイトルを生み出すことは間違いないだろう。ボクスホールによると、このコンセプト画は昨年の「投資家向け電動化プレゼンテーション」でごく短く公開されたものだという。

ボクスホールによると、新型マンタ-eは2025年までに登場し、その先祖とは異なり、英国で販売されるとのことである。

どうだろう、インターネット?夢にまで見た2ドアクーペが手に入らないのは少し寂しい?

短期集中ダイエットジム【エススリー】
=海外の反応=
「なんて失敗の山積みなんだ」
「犬の糞になりそうですね」
「レンダーのディテールレベルで実車がどの程度コンセプト通りなのかがわかる。2005年のデザイン大学の学部生が描いたようなこの画像と、最終製品の類似度はおよそ3%であることは間違いないだろう」
「フォードがプーマをSUVにした後なんだから、これが何になると思ったんだ?」
↑「クーガの変遷はもっと前だし、三菱エクリプスも」
↑「せめてピータービルト 389の対抗馬を期待したんだけどな〜」

ピックアップ

アーカイブ