マクラーレンが2022年のF1マシンをレゴ テクニックでいち早くアピール

マクラーレンは金曜日に2022年のF1マシンを発表する予定だが、このレゴテクニックのセットのおかげで、すでに新しい外観を垣間見ることができた。このカラーリングは、今週末に発表されるものではなく、2021年のものにインスパイアされたものであることは注意が必要だが、見た目はかなりスマートだ。

テクニックのセット自体も、期待に違わず非常にクールだ。レゴのデザイナーはマクラーレンの担当者と協力して、2022年のシーズン開幕前にこのモデルを発売することにしたのだが、今年の新車のルール変更を反映した小さなテクニックのパーツがすべて揃っている。

完成したモデルは、ピストンが動くV6エンジン、適切なステアリング、動くサスペンション、実際のディファレンシャルを備えている。高さ13cm、長さ65cm、幅27cmで、本物のスポンサーのステッカーが付属している。

マクラーレンとレゴのコラボレーションの最新作であるこのF1マシンは、3月1日より発売され、イギリスでは159.99ポンド(24,450円)で販売される予定だ。
日本ではオープンプライスとなっているので、アマゾンのレゴショップなどで確認しよう。

最後の動画にも登場しているマクラーレン・レーシング テクニカル担当エグゼクティブ・ディレクター ジェーム
ス キーは次のようにコメントした。
「この製品は、2021 年シーズンのカラーリングを祝うと同時に、2022 年の新しい F1™マシンのデザインをファンの皆様に体験していただくための、魅力的なセットです。これは、私たちのデザインに対して勇敢で大胆なアプローチをしてくれたレゴグループのチームとのおかげで実現したものです。出来上がったセットは素晴らしい出来栄えで、ファンの皆さんにお届けするのが待ち遠しいです」

レゴブロック買取専門 |宅配買取ならリサイクル買取のe あきんど

=海外の反応=
「2022年の車をベースにしているのに、昨年の(つまらない)カラーリングというのはちょっと変だ。現実には存在しないものをベースにした、ごちゃ混ぜのクルマなのだ。マクラーレンが今年本当にいいのかどうか、誰も知らないうちに市場に投入してしまったようだ」
↑「いい感じだと思うけど。このカラーリングはレゴによく馴染んでいるよね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/02/44810/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ