キングセイコー “KSK” から約60年、現代的なデザインをまとって復活

セイコーウオッチから、1961年に誕生し当時の国産高級時計市場を牽引したキングセイコーを、現代の技術で蘇らせる。デビューを飾るレギュラーモデル全5機種は、2月18日(金)より全世界のセイコーブティック、7月8日(金)よりセイコーウオッチサロンにて順次発売する。価格は198,000円。

1950年代後半、セイコーは国産腕時計の新時代を切りひらくべく、腕時計に求められる性能を見つめ直し、ムーブメントの設計やデザインに独自の思想を宿す画期的なモデルを次々に発売した。その代表格が1960年に誕生した国産腕時計の最高峰グランドセイコーであり、翌1961年に誕生したキングセイコーだ。キングセイコーは高級腕時計としての性能と先進的なデザイン、そして適正な価格の共存を実現し、高級腕時計としての新たな在り方を提示し、グランドセイコーとともにその後の国産機械式腕時計の進化を牽引した。

ブランド復活にあたり、開発の土台として採用した“KSK”と呼ばれる2代目キングセイコーは、1961年に発売された初代モデルには無かった防水性能や、秒針を止めて時刻合わせができる秒針規制装置を備え、実用的な進化が高く評価された。無駄のないダイヤルレイアウト、エッジを際立たせたシャープなケーススタイリングやボックス型のガラス形状など、キングセイコーデザインのオリジナリティを確立したモデルともいえる。

その”KSK”から着想を得た本作は、オリジナルの“KSK”に近いコンパクトなサイズはそのままに、太くしっかりとしたかん足の特徴を更に際立たせた現代的なスタイリングを実現している。大胆な多面カットが施されたケースは鏡面仕上げとヘアライン仕上げを組み合わせることで、シャープな質感を表現した。内面無反射コーティングを施したクラシックなボックス型形状のサファイアガラスにより、当時から受け継がれた格調高くも柔らかな雰囲気を再現すると共に、低重心化が図られ、心地良い装着性を実現している。鋭い輝きを放つ多面カットを施した立体的なインデックスと、堂々とした太く長い針も健在で優れた視認性を確保している。12時位置に植えられたインデックスは、”KSK”から受け継いだユニークな形状で、天面に施されたライターカットのきらめきが、“KSK”特有の個性を際立たせている。

ダイヤルカラーは全5種を用意。シルバーカラーのモデル(SDKS001)は1965年の“KSK”のオリジナルカラーを再現し、メタリックグレーのダイヤルには、上下に流れる繊細なヘアラインパターンを施し、現代的な表情に仕上げている。チャコールグレー、ブラウン、レッドのダイヤルは美しい放射仕上げが施され、腕元に温かみを演出する。

オリジナルの矜持を継承した、細部までこだわり抜かれた造形キングセイコーの「盾」をモチーフとしたブランドマークも、時計と共に復活を果たした。当時のアイコニックなシルエットを継承しつつも、よりフラットに、モダンに刷新され、りゅうずと裏ぶたに刻まれている。また、1960年代のキングセイコーをオマージュしたフラットな多列ブレスレットを新たに開発。ケース同様、鏡面とヘアラインに仕上げ分けした多面構成の形状は、快適な装着感と共にダイナミックな光の躍動を生み出す。本作に搭載するキャリバー「6R31」は、カレンダー機能を省く事で、オリジナルの“KSK”と同じようにダイヤルの端正な美しさを引き出した。その一方で、コンパクトな自動巻き機構と約70時間のロングパワーリザーブ性能を持ち、今のライフスタイルにふさわしい本質的な性能を有している。

腕時計の発売と同時に、キングセイコー用のストラップを5種発売。価格はカーフ製4種が17,600円、スエード調の合成皮革製1種が16,500円だ。これらのストラップは公式ウェブサイトのシミュレーター上で、自分に最適な時計との組み合わせを自由に探すことができる。

www.seikowatches.com/jp-ja/products/kingseiko/sdks001

www.seikowatches.com/jp-ja/products/kingseiko/sdks003

www.seikowatches.com/jp-ja/products/kingseiko/sdks005

www.seikowatches.com/jp-ja/products/kingseiko/sdks007

www.seikowatches.com/jp-ja/products/kingseiko/sdks009

ピックアップ

アーカイブ