グランドセイコー「44GS」55 周年の限定2モデルが発売

グランドセイコーより、2種類の新世代ムーブメントを搭載する、「44GS」55周年を記念した特別な限定モデル2機種を2月24日(木)より発売する。価格は1,045,000円-1,155,000円、全世界で各550本の数量限定だ。

最高峰の腕時計を目指し、1960年に誕生したグランドセイコー。1967年に発表した「44GS」により「セイコースタイル」を確立し、ブランド誕生60周年にあたる2020年には、次代を担う革新的なメカニカルムーブメント「キャリバー9SA5」、ならびにスプリングドライブムーブメント「キャリバー9RA5」を発表した。そして2021年に発表した「キャリバー 9RA2」は、「キャリバー 9RA5」と同等の性能を有しながら、パワーリザーブインジケーターを裏側に配し、針の取付位置を下げることで、ケースの薄型化に成功した。

グランドセイコーとして初めて、ケースのみならずブレスレットにも世界最高レベルの耐食性を兼ね備えた「エバーブリリアントスチール」を採用。従来のステンレススチールよりも白く美しい先進素材が、進化したメカニカルムーブメント「キャリバー 9SA5」とスプリングドライブムーブメント「キャリバー 9RA2」に調和し、55年の歴史を持つ「44GS」デザインを美しく引き立てる。

メカニカルモデルにはダークブルー色、スプリングドライブモデルにはダークグレー色のダイヤルを採用し、深く繊細な型打ち模様を施している。それは果てなき宇宙で繰り返される星々の営みにも似た、悠久の時の流れを表現している。グランドセイコーもまた、55年前に導き出されたデザインルール「セイコースタイル」を未来にわたり継承している。

モデルの裏ぶた側からは、それぞれの製造地である雫石と信州の豊かな自然から着想を得た異なる個性が伺える。「キャリバー9SA5」には雫石川のなだらかな波紋をモチーフとした「雫石川仕上げ」が施され、「キャリバー9RA2」は、厳寒期の信州地方で見られる霧氷を表現した「信州霧氷仕上げ」が施されている。

www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/slgh009
www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/slga013

ピックアップ

アーカイブ