H.モーザーが香港のメンズウェアブランド「アーモリー」と2年かけて完成させた「エンデバー・スモールセコンド トータルエクリプス」

H.モーザー社より、新作の「エンデバー・スモールセコンド トータルエクリプス」が発表された。「エンデバー・スモールセコンド トータルエクリプス」は香港発のメンズウェアブランドThe Armoury(アーモリー)とのコラボレーションで生まれた。

「エンデバー・スモールセコンド トータルエクリプス」はスチール製とレッドゴールド製のケースでそれぞれ28本限定となる。H.モーザーの公式オンライン及びThe Armouryでの販売もあるが、日本でもNXONEにて、購入希望のエントリーを受付中だ。価格は、330万円、日本入荷時期は未定となっている。

このモデルの名前、希少性、そして謎めいた神秘的ともいえる特徴は、eclipse(エクリプス、蝕)から着想を得ている。皆既日蝕時の太陽コロナと同じような明るい光輪を表現したインナーベゼルと対照的な、深みのある強烈なブラックの Vantablack®(ベンタブラック®) でコーティングされたダイアルを備えたエンデバー・スモールセコンド トータルエクリプスは、メンズウェアの専門ブランドである The Armoury(アーモリー)と H. Moser & Cie.(H. モーザー社)のコラボレーションによって誕生した。

Mark Cho(マーク・チョー)と Alan See(アラン・シー)が 2010 年に香港で立ち上げた アーモリーは、クラシックなスタイリングへの共通の情熱と、伝統的な仕立てを現代の人々に伝え、匠の技術とその製品の物語を伝承することによって関心を呼び覚ましたいという思いから生まれた。こだわりを大切にされる顧客にエレガンスを提供する、格式あるプレミアム時計メーカーの H. Moser & Cie. と同社が提携することになったのは、まさに自然な流れだったと言えるのかもしれない。このパートナーシップの始まりは、Mark がニューヨークで Edouard Meylan(エドゥアルド メイラン)と出会った 2019 年に遡る。ファッションと時計に対して同じ情熱を抱いていることを認識し、そこから絆が紡がれ、コラボレションのアイデアが浮かび上がることになった。アーモリーの経営陣が H. モーザーに特に魅力を感じたのは、約 200 年にわたる H. モーザーの豊かな歴史と時計製造の専門知識、Vantablack® を使用するといった新しいアイデアを敢えて取り入れ、リスクをも恐れない意欲、刺激を呼び起こそうとする積極的な姿勢だった。そして H.モーザーのチームは、アーモリーのルーツがクラシックなデザインにあること、クラフトマンシップに力を入れていること、そして伝統と現代的のどちらかに偏ることなく、控えめで特別感のある作品を生み出したいという熱意に魅了された。

エンデバー・スモールセコンド トータルエクリプスは、太陽が月の背後に完全に隠れる皆既日蝕を完璧に表現したコンセプト モデルだ。ブラックホールのように 99.965% の光を吸収する Vantablack® ダイアルは月のシルエットを感じさせ、スチール ベゼルとポリッシュ仕上げのインナーベゼル(それぞれステンレススチールまたはレッドゴールド製)は太陽コロナ(皆既日食のときだけ肉眼で見える、ガス状の太陽外層大気の最外部)の光輪を表している。Vantablack® ダイアルを採用したモデルは、これまで絶対的なミニマリズムの純粋さを特徴としてきたが、エンデバー・スモールセコンド トータルエクリプスには、数多くの繊細かつ控えめなディテールが施されている。文字盤のメリハリを強調する絶妙なマーカードットのインデックスをはじめ、これほど細やかな作り込みを採用するのは H.モーザーにとっても初めてのことだが、少し触れるだけでも傷がついてしまう Vantablack® を駆使した作業でこれまで得た専門知識が随所に活かされている。カーボンナノ構造で構成されている Vantablack® は基本的に、他のものと接触(接合)することはない。そこでシャフハウゼンのマニュファクチュールは、マークとアーモリーの要望に応えるために、特別な技術を開発することにした。

エンデバー・スモールセコンド トータルエクリプスは、インデックスを巧みに引き立てるクラシカルな雰囲気を醸し出している。先端にサークルをあしらって仕上げた時針と分針は、マークが特に高く評価しているブレゲ針のスタイルを反映したものとなっている。また、スモールセコンド針は、インデックスと呼応するドットスタイルのマーカーで装飾されている。「このモデルはクラシックと現代的な感覚を融合させ、究極のエレガンスを追求しています」と、H. モーザーの CEOを務めるエデュアルド メイランは述べている。「38 mm という直径が絶妙なバランスを生み出しています。ムーブメントには、懐中時計のスタイルを彷彿とさせる 6 時位置にオフセットで配置されたスモールセコンドを備える、最小サイズの上質な手巻きキャリバー HMC 327 を選択しました」

付属するのは、アーモリーがデザイン・制作したブラックカーフのレザーストラップだ。2 種類の異なる質感のレザーを組み合わせることでより美しい趣きが生まれ、エンデバー・スモールセコンド トータルエクリプスのエレガントさがいっそう際立っている。

最初の出会いから 2 年を経て、エデュアルド メイランとマーク チョーは 2 社のコラボレーションの結晶を、自信を持って発表することになった。このパートナーシップでは、互いの価値観を尊重し、それぞれが得手とするものを活かすというアプローチを取り入れ、今回のサクセスストーリーへとつながっている。

H.モーザー:h-moser.com/ja
NX ONE 銀座:https://nxone.h-moser.jp

ピックアップ

アーカイブ