シチズン アテッサから日産 新型フェアレディZとのコラボ時計が発売 イカズチイエローとセイランブルー、どちらを選ぶ?

シチズンアテッサのブランド誕生35周年記念第1弾として、日産フェアレディZとのコラボレーションモデル2モデルが予約開始された。発売は3月10日で価格は165,000円、世界限定各1,700本。

1987年にスタートした『シチズンアテッサ』は2022年にブランド誕生から35周年を迎えた。これを記念した限定モデル第1弾として、『フェアレディZ』とのコラボレーション2モデルを発売されることになった。『シチズン アテッサ』の挑戦し続ける姿勢、高い技術力、1秒にかける想いと『フェアレディZ』の挑戦の歴史、スポーツカーとして磨き上げてきた技術、妥協しないこだわりという想いがシンクロし今回のコラボレーションが実現した。

両モデルとも『シチズン アテッサ』ACTLineの光発電エコ・ドライブ電波時計をベースに、『フェアレディZ』新型車のディテールを随所に取り入れて、日本が誇るスポーツカーの魅力を表現している。『フェアレディZ』のボディーカラー「イカズチイエロー」をイメージした差し色を使ったAT8185-89Eは、ケース、バンド、文字板、時分針、インデックス全てをブラックで統一。漆黑に走る雷(いかずち)を思わせる疾走感のあるデザインだ。文字板には、実際に特別仕様車のシートにも取り入れられているドットデザインを採用。新しいボディーカラー「セイランブルー」をイメージした差し色を使ったAT8185-97Eは、ハイウェイ路面のアスファルトをイメージしたマットブラックの文字板に、シルバーの時分針とインデックスをアクセントにしたクールな印象の一本だ。両モデルともにタコメーターのレッドゾーンをイメージした赤い秒針を備え、りゅうずに「Z」、裏ぶたには「NISSAN」のロゴを刻印している。『フェアレディZ』のインストルメントパネル用フォントを各数字に使用という、こだわりようだ。

光発電エコ・ドライブで駆動するため定期的な電池交換は不要、世界4エリア(日中米欧)の標準電波を自動受信するため時刻・カレンダー合わせも不要。りゅうずを回すだけの簡単操作で、世界26都市の時刻とカレンダーを表示する機能も備えている。デュラテクトDLCの艶やかなブラックカラーが美しいスーパーチタニウムTM製のケースとバンドはキズに強く、軽く、肌にも優しいので快適な着け心地だ。

下の動画は、東京オートサロン2022で公開された、新型フェアレディZの走行シーンだ。

https://citizen.jp/attesa/special/fairladyz/index.html

ピックアップ

アーカイブ