東京オートサロン 2022:巨大エアロをつけた電動レーシングカー、スバル STI E-RA

東京オートサロン 2022が開幕し、スバルは絶対的なEVモンスター、STI E-RA コンセプトを携えてブースが展開された。

その姿は、決してふざけているようには見えないよね?カーボンニュートラルなレースのための技術を研究する社内プロジェクトの一環として開発されたSTI E-RAは、巨大なフロントスプリッター、エアインテーク、ディフューザー、リアウィングに加え、ルーフ上部にはF1スタイルのインテークを備えている。

パワートレインや速度の詳細は不明だが、あくまでもコンセプトであり、その数値は絵空事と言わざるを得ない。だから、今は想像の翼を広げよう。

また、昨年末にEVの世界に初めて参入したソルテラのホットバージョン、ソルテラ STI コンセプトも東京で世界初公開された。ルーフスポイラー、チェリーレッドのアクセント(スポイラー下も含む)、そして「優れたドライビングダイナミクス」を刺激するとのこと。

EVレーシングカーの構想に挑戦した自動車メーカーは、スバルが初めてじゃない。昨年公開されたポルシェ ミッション Rは、EVレーサーの概念を覆すものだったし、日産のアリア シングルシーターもクリスマス前に公開されたのを忘れてはいけない。

この最新のペアは、あなたの「食欲」を刺激する? - このフレーズは、クルマに対して人類史上初めて発せられたかもしれない - 将来のホットな電気スクービー(Scoobie、とくに英国ではスバルをこう呼ぶ)? ご意見をお聞かせあれ。

=海外の反応=
「電気自動車なのに、こんなに大きなラジエーターベントと吸気スクープがあるのは不思議。確かに冷却は必要だけど、ここまでってことはない」
↑「EVパワートレインに最適化されたレーシングカー/スポーツカーの形状が見られるようになるのは、いつになるのだろうかと言おうとしたところ。内燃機関のマシン/デザインの遺産にしがみついているようなものが多いよね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/01/43686/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ