東京オートサロン 2022:「日本だけかよー!(from 海外)」トヨタのハードコアなGRMN ヤリスは2シーターでサーキット&ラリーパックがある

東京オートサロン 2022では、トヨタのガズーレーシングが、「フルチューン」と銘打ったハードコアなウイング付きのGRヤリスを発表するとあって、大きな注目が集まっていた。かくしてGRMNのバッジがついたヤリスが登場したわけだが、まず最初に悪いニュースから。トヨタは、この「フルチューン」バージョンのGRヤリスを500台だけ生産し、日本市場ではWebでの予約抽選で販売すると発表した。はい、ブーイングでーす!

英国で販売されないのは、マジで残念。GRの気合の入った1.6リッター3気筒ターボには手を加えていないので、日本では標準の272psのままだ。しかし、トヨタによれば、GRMNは「プロのドライバーによる厳しいリファインメントを経て今日に至っている」のだという。

そして、リアベンチを廃止することで20kgもの軽量化を実現し、厳密な2シーターとなった。さらに545カ所のスポット溶接と12メートルの「構造用接着剤」(標準のGRの35.4メートルに追加)により、剛性を向上させている。

フロントにはハードコアなレカロ製バケットシートが採用され、ルーフに合わせたカーボンファイバー製ボンネットや10mmワイド化された全幅で空力性能も向上している。また新しいサスペンションにより、GRMNはGRよりも10mm低くなっている。

新型の機械式リミテッドスリップデフと強化されたギアボックスは、1速から4速までがクロスレシオで、「エンジンのパワーバンドを有効に活用できる」とトヨタ自動車は言う。ラリー参戦の経験からも、極限の使用環境下で、ドライバーのフィードバックをもとに課題を洗い出し、即座に解決していく。ドライバーに合わせて細かくカスタマイズし、安全で乗りやすいクルマへと進化させていく。そうした「ドライバーファーストなクルマづくり」を通じ、GRヤリスを鍛え上げてきた。「壊しては直しを繰り返す」ことで改良されたらしい。いいねぇ。

さらに、GRと同様にオプションパックを追加することができるのだ。サーキットパッケージとラリーパッケージのどちらかを選択できる。前者は50台のみ販売され、エクステリアカラーは「マットスチール」のみ。サーキット走行に特化したこのパックには、カーボン製リアウィング、少しスパイキーなボディキット、特注のBBS製18インチホイール、18インチブレーキ、調整可能なビルシュタイン製ショックが含まれている。

ラリーパッケージは、GRが全日本ラリー選手権に参戦していることから、Gazoo Racingのサスペンション、アンダーボディプロテクション、ロールバーなどを新たに採用したものだそう。

さらにトヨタでは、GRMNをパーソナライズするために2つのプログラムを新たに開発したという。ひとつは、GRのエンジニアが新しいパーツやソフトウェアのアップデートを随時行うもので、もうひとつは、同じエンジニアがドライバーのデータを分析し、ステアリング、エンジン、駆動系のソフトウェアや、ダンパー、スプリングレートなどのハードウェアを変更するものだ。

GRMNの価格は7,317,000円から。サーキットパッケージは8,467,000円、ラリーパッケージは8,378,764円から。モニターを通して、私たちイギリス人の嫉妬心が伝わってくるだろうか。さて、日本の皆さん、今なら声を大にして言える。「ああ、日本に住んでいて本当に良かった」ちなみに、買いたい人は、下記のWeb申し込みが必要。

https://toyotagazooracing.com/jp/form/grmnyaris_agreement/

=海外の反応=
「どっちも欲しいんですけどー?」
「どうせ「正規品」はアメリカには送ってくれないのだから、これも遠くから鑑賞するだけにしておこう。リアシートの取り外しができることは当然だが。もし、私がこの車を手に入れることができたなら、真っ先に手をつけるであろうことだ。GR カローラとかさ…」
「意外と毎日の通勤に最適な車かもしれないね。2人乗りなので、後部座席のスペースも広々としてるし」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/01/43676/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ