マセラティが2023年に初のイタリアンチームとしてフォーミュラEに参戦し、レースに復帰

マセラティは、2023年のFIAフォーミュラE世界選手権に参戦し、来年からシングルシーターレースに復帰する。マセラティはフォーミュラEに参戦する初のイタリアンチームとなり、ちょうどシリーズが高速の新型車であるGen3に切り替わる時期に参加する。

2010年に大成功を収めたMC12が引退して以来、マセラティはモータースポーツに関与していないため、これはマセラティにとっても2つの大きなマイルストーンとなる。マセラティの名を冠したシングルシーターが最後に登場したのは、1950年代後半、女性として初めてF1に参戦したマリア・テレジア・デ・フィリピスの手になるものだった。それほど長い年月を経たとは信じがたい。

マセラティのCEOであるダビデ グラッソは、「マセラティがレースの世界に戻ってきたことを、とても誇りに思います」と語った。「私たちには、世界レベルの優れたコンペティションの長い歴史があり、将来にわたってパフォーマンスを発揮する準備が整っています」

もちろん、マセラティはすでにロードカーの電動化計画を発表しており、新型SUVのグレカーレ、グラントゥーリズモ、グランカブリオ、スーパーカーMC20のEV化が計画されている。

フォーミュラEのボスたちは、より多くのメーカーをこのスポーツに引きつけることに熱心で、アウディとBMWはすでに撤退し、メルセデスも第3世代のレギュレーションが始まる前にこれに続くことになりそうだ。マセラティはDSと並んで2番目のステランティスブランドとしてグリッドに並ぶことになる。

この動きについて、インターネットのみなさんは、どう考えてるのかな?

=海外の反応=
「よくわかんないけど…。なぜ、車をイジるのでしょうか?フォーミュラ Eなんだから、どれも同じようなものでしょ?塗装にしろ。マセラティの投資家は、新型MC20でマセラティが生まれ変わることを期待しているのだろうか?」
↑「ある種の、車のある部分を変えることができるんだ。僕の記憶が正しければ、ポルシェは、仕様のバッテリーに接続された独自の電気エンジンを使用している」
「マセラティの塗装部門は、2023年のフォーミュラEに参戦するため、みんなが使っているのと同じクルマにカラーリングを施す。…やっぱ、やめた」
「フォーミュラEに誰が参戦しようがどうでもいいと書きたかったが、真面目なモータースポーツに参戦するために使える予算が、こっちに使われていることに気がついた。だから、マセラティが参戦するのは悲しいことだ。そして、誰かがフォーミュラEを真面目なモータースポーツだと書く前に、言っておく。ドライバーやエンジニアだけでなく、オンライン投票(いわゆる「ファンブースト」)の結果にも勝利が左右されるレースシリーズを真剣に扱うことは、私には難しいのだ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ