フェラーリ SF90 ストラダーレについて知りたい9つのFAQ

1,000psのプラグインハイブリッドは、トップギアの2021年パフォーマンスカー決戦での主役の1台だ。さっそく、そのFAQページを作ってみた。

ハイブリッドってことだけど、プラグを差し込めるの?
確かにそうだ。フェラーリの前作、ラフェラーリとは異なり、SF90はプラグインハイブリッドで、電源につないでリチウムイオン電池を補充し、3種類のモーター(フロントアクスルで独立動作する2つのモーターと、エンジンとギアボックスの間にあるリアモーター)にリンクさせることができる。つまり、すべてのパワートレインを搭載した、4WDのフェラーリ・スーパーカーなのだ。

EVモードはどこまで使える?
フェラーリによると、バッテリー満タンで25kmの走行が可能だそう。この距離の間では前輪駆動のフェラーリに乗ることになる。後輪のモーターはエミッションフリー走行には関係ないからだ。パフォーマンスカーでBMWなんかのFF車という発想はクレイジーすぎるとお思いだろう。通常のギアボックスにはリバースがないので、SF90をバックで走らせると、必ずV8エンジンの火が消えた状態になる。

電気だけの最高速度は?
念のため、フェラーリは「このモードは市街地走行など、フェラーリV8のサウンドを消したい場合に最適です」と語っている。これは、「オール電化のラップレコードは作れないよ」という意味を含む、ポジティブなPRだ。とはいえ、「eDrive」モードの最高速度135km/hは、パワートレインが音を立てずに英国内のあらゆる道路の制限速度をクリアできるとういことだ。ただし、高速道路M25のサイレント・ラップ記録は期待しないでほしい。

追加モードがたくさんあるの?
当ったりめーよ!このフェラーリには、マネッティーノのスイッチが1つだけでなく、2つあるんだ。通常のスポーツ、レース、CTオフといった動力性能のオプションに加え、ドライブトレイン用のeManettinoが用意されている。

eDriveはEVモード、ハイブリッドは車のデフォルトで、大きな電子頭脳があなたのために物事を管理してくれる(フルパワーも可能)、Performanceは、フルパワーと移動中のバッテリー充電を助けるために、常にエンジンを作動させておく。Qualifyは、リチウムイオン電池の残量を気にすることなく、最後の1馬力まで使い切ることに集中している。

SF90の総合出力は?
SF90は、3つのモーターを考慮する前に、すでにフェラーリ史上最もパワフルな8気筒エンジンを搭載している。4.0リッターV8ツインターボは780psを発生するが、ストラダーレのすべてのパワーソースを組み合わせると986hpとなり、1,000ps、1,000cv(cavallo vapore:イタリア語で馬力の意)にもなるのである。

電動化によって、どれくらい重量が増えたのだろうか?
正確には270キロだ。しかしフェラーリは、電動化によってもたらされる220psによって、これを「十分に相殺」していると熱心に語っている。というのも、SF90 ストラダーレの総重量は1,570kgで、フェラーリのV12ロードカー(812 スーパーファストも含む)よりも軽いからだ。

エンジニアが他の部分の重量を削って、可能な限りスリムなボディを維持していることも、その一助となっている。ツインクラッチギアボックスは、前進8速を得た一方で後退を失い、通常より10キロ軽くなっている。

SF90はどこまで速くできる?
最高速度は340km/h、0-100km/hは2.5秒、0-200km/hは6.7秒と謳われている。私たちはギアを装着し、0-160km/hを5秒弱で達成した。ま、わかりやすく言えば、「十分に速い」のだ。

過去と現在のフェラーリの中で、その速さはどう変化しているだろうか。フィオラノのラップタイムは、公式には「79秒」、一般的には「1分19秒」として知られている。ラフェラーリに0.7秒の差をつけ、歴代トップの座に君臨しているのだ。伝説のツインターボF40は、遅くないことで有名なクルマだが、その10秒以上後に時計を止めている。

エアロコントロールのコツは?
でも、もちろんだ。目には見えない部分(eSSC、E4WD、eTC、eDiff3、SCME-Frs、FDE2.0、EPS)には、ゲームみたいなタイルが電子的に状況を管理している一方で、目には見える部分には、空力的に状況を整理する素晴らしい物理ビットが数多くあるのだ。フェラーリが特許を取得している「シャットオフ ガーニー」は、その代表的なものである。

テールランプとテールランプの間にあるのが見えるかな?一般道や最高速走行では、この部分が開いていて、空気が流れるようになっている。しかし、急ブレーキや急コーナリングをすると、車の巨大な電子頭脳が隠れたフラップでその隙間を閉じ、「強力なノルダーを頂点とする広い荷重面を特徴とする新しいテール形状を生み出す」、と私たちより賢い人の言葉を引用してみた。

おいくら万円必要?
オプションに手を出すのを我慢すれば、SF90 ストラダーレは5,340万円で手に入る。これはフェラーリの量産車としては最高額ではあるが、1000馬力近いスーパーカーは通常、工場出荷時にはもっと高い値段になっている。詳しくはブガッティとケーニグセグをご覧あれ。

スピードウィークに招待されたこちらのクルマは、オプションのアセット フィオラノ仕様で、他のオプションと合わせて最終的な請求額は523,460ポンド(6,360万円)に膨らんでいる。カーボンドア、新型マルチマティック・サスペンション、チタン製エグゾースト(全部で30kg減)、そしてSF90の特徴である390kgのダウンフォースを実現する新型カーボンウィングなど、アセットパックは大きな変化をもたしてくれるのだ。

フェラーリ SF90も参加している、雑誌トップギア・ジャパン 046 もぜひお楽しみください。

=海外の反応=
「この伝説的なブランドは、電気自動車を発売した後、5年後には歴史博物館に収監されるだろう。もうすぐフェラーリが大量に市場に出回ることになる。私は458 スパイダーと812SF(超遅い)の両方を売ってしまった。私に言わせれば、「投資」価値を得て、それが失われる間に売りぬくブランドなんだ」
↑「でしょうね」
↑「あなたの痛みを感じる。私もゾンダ バルケッタが欲しいと思っているところ。アヴェンタドールは常にショップに置いてあるし、アゲーラは年季が入り始めていて、プロジェクト 1も数年は買えそうにない。シロンは日常の足だが、週末用の車が必要なんだ。億万長者はどうすればいいんだ?」
↑「ネットで嘘をつくときは、少しは信憑性を持たせるようにしようや。そして、フェラーリが市場にあふれることはないだろう。電気自動車になった後も、フェラーリはその価値を保ち続けるだろうに」
↑「後半はその通りなんだけど、嘘じゃない可能性が高いんだよね。どちらも30万ポンド(4,500万円)なので、手に入らないということはないだろう。テスラのカルト的な個性と、他の追随を許さないレベルの自己妄想は、あらゆる人を苦しめる」
↑「だからこそ、全く関係ない記事でテスラを叩く必要性を感じるほど、テスラに執着しているのだろう。なるほどね」
↑「この一連のコメントは、テスラ信奉者から生まれたものだ。彼らのプロフィールを数秒クリックすれば、フェラーリが絶望的だと言う理由が、テスラが他の誰よりも優れた技術を持っていて、彼らを灰の中に置き去りにしようとしていると確信しているからだとわかるだろう」
「私の全財産を賭けてもいい、この車の重量は1570kgには到底及ばないだろう。この数字も、メーカーやオーナーが決して計測できない、空想の乾燥重量だ」
「SF90の白いフロントビニールは、昔の人が車に接着していたフェイクレザーのバンパーにつけるネズミ捕りセンサーを思い出させるね」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ