ベントレーが19億円かけて作ったエンジニアリングテストセンターではWLTPなどのテストを社内で迅速に実施

ベントレーモーターズは、最先端のエンジニアリングテストセンターが英国の車両認証機関から正式な認可を受け、業務を開始した。英国クルーにあるベントレー本社を拠点とする今回の投資は、カーボンニュートラルな拠点として3年目を迎えたカーボントラストによる再認証に続くものである。

この移転は、国連欧州経済委員会(UNECE)が定めた基準を満たすための大きなステップであり、この成果によりベントレーは、33 ピムズレーンと名付けられたテストセンターで、最高のグローバル基準による排出ガス、燃費、航続距離のテストを社内で行うことができるようになる。また、すべてのベントレーが手作業で製造されている製造本部で現在実施されている厳しい試験体制がさらに認められたことになる。

独立機関による認証は、世界で最も持続可能な高級自動車メーカーになるというベントレーのビヨンド100戦略の重要な柱である、電動化に向けたベントレーの取り組みをさらに大きく前進させるものだ。重要なのは、1250万ポンド(19億円)を投じたこのセンターによって、ベントレーは最新のWLTP燃料消費量と効率性のテスト手順を社内でより迅速に実施できるようになることである。

2階建て、4,600平方メートルの施設は予定通りに完成し、すぐにテストを開始し、2022年半ばまでに世界のすべての排出ガス基準の試験ができるよう作業を進めていく。この新施設には、773平方メートルのオフィススペースと、1,550平方メートルの温度調節機能付きシャシーダイナモメーターが設置されている。

この最先端のローリングロードでは、エンジニアがさまざまな勾配の坂道をシミュレートし、内燃エンジン車の排気ガスや、ハイブリッド車および将来の電気自動車の電気エネルギー消費量を測定することができる。実世界のシミュレーションは、-20℃から+50℃までの幅広い温度範囲で行うことができる。

すべてのベントレー製品のコンプライアンスに責任を持つベントレーの技術適合部門は、この新しいセンターに拠点を置き、また、最新のポータブル排出ガス測定システムを使用してリアルドライビングエミッション(RDE)を実施する専用ラボも設置される。新施設には、合計で100名の社員が勤務する予定だ。

エンジニアリング部門の取締役であるマティアス・ラーベ博士は次のように述べている。
「今日の発表は、ベントレーが現在進めている近代化プログラムにおいて、もう一つの重要なランドマークです。2024年までにすべてのモデルに電気自動車またはハイブリッド車を提供することを目指している私たちにとって、この施設は独自のエンジンをテストする独立性を与え、クルーにある業界をリードする製造工場をさらに強化するものです」

「また、このセンターによってベントレーは、パフォーマンスを重視したフライングスパー、コンチネンタル GT、新型ベンテイガなど、手作業で作られた高級車に対するお客様からの需要の増加にも対応できるようになります」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ