グランドセイコー「44GS」55 周年記念でメカニカルハイビート GMT 限定モデルが発売

グランドセイコーより、グランドセイコーのデザイン文法 “セイコースタイル” を確立した「44GS」55 周年記念の第一弾として、メカニカルハイビート GMT 限定モデルを 12 月10 日(金)より発売する。価格は 946,000 円。全世界で 1,200 本の数量限定だ。

“セイコースタイル” とは、精度の最高峰を目指して誕生したグランドセイコーに、高級腕時計として世界に誇れる外観を与えるべく考案された、燦然と輝く腕時計を生み出すデザイン文法であり、1967 年に発表した「44GS」にて確立された。その根底にあるのは日本の美意識。日本人は絶えず「光」に心を配り、光と陰の間に無数の光のグラデーションを感じ取る。それゆえ、和の様式である「屏風」や「障子」などは直線と平面を主体に極めてシンプルに構成されていながら、時と場合に応じて光と陰が織り成す無数の表情を生み出す。“セイコースタイル” では、こうした日本独特の美意識を原点とし、磨きあげた歪みのない平面を主体とする独自のデザイン文法を創造し、腕時計の主な構成要素を次のように定義した。
・他のインデックスの 2 倍の幅を持つ 12 時インデックス
・多面カットのインデックス
・鏡面研磨されたガラス縁上面
・鏡面研磨されたケース平面
・半ば胴に埋めたりゅうず
・フラットダイヤル
・多面カットの太い時分針
・接線サイドライン
・逆斜面形状のベゼル側面とケース側面

このデザインを具現化するのは、現代のグランドセイコーに無くてはならない、平滑で美しい面に磨き上げる「ザラツ研磨」をはじめとする高度な匠の技術であり、“セイコースタイル” は類い稀な職人技に支えられた独自のデザイン文法です。“セイコースタイル” はグランドセイコーデザインの揺るがない軸であり、飽きることのない普遍的な美しさの基礎となっている。2014 年に発表され「44GS」デザインに、メカニカルハイビート GMT キャリバーを搭載した限定モデルが、ジュネーブグランプリで「Prix de la Petite Aiguille(小さな針賞)」を受賞したことにより、広く世界に認知される事となった。

「44GS」55 周年記念の第一弾である本モデルには、2014 年の受賞モデルをベースに特別な仕様が施されている。“セイコースタイル” が定義する「燦然と輝く時計」を現代解釈して生まれたケースは、歪みのない鏡面を連ねた特徴的な造形を継承しつつ、ブライトチタン素材を採用している。

また、55 周年記念モデルの証として、裏ぶたには陽極酸化処理を施した金色のチタン製回転錘を特別に採用している。ダイヤルは、2002 年に発売されたグランドセイコー GMT モデルの開発段階で検討されていた仕様を再解釈し、具現化した。グランドセイコーの王道であるホワイトカラーのダイヤルに、夜間の視認性を高めるルミブライトを塗布したブルースチール製の GMT 針と、立体的なインデックスをレイアウトしている。伝統のスタイルにアクティブな機能の融合を試みた、開発当時の想いが込められている。

https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbgj255

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/12/42356/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ