400hpの一人乗りEV、日産 アリア・シングルシーター・コンセプトはクロスオーバーとフォーミュラEを融合

日産はコンセプトカーが大好き」と、えーと、まさにこのウェブサイトで週の初めに言っていたばかり。そのわずか数日後には、さらにクレイジーなコンセプトカーを発表しているという…。このような車が次から次へと出てくるんだったら、デザイナーは落ち着いて休んでいられないだろうなあ。

アリア・シングルシーター・コンセプトとは、「電気自動車である日産アリアのパワートレインを、特注のシングルシーター・レーシングカーのシャシーに搭載するためのデモンストレーションプロジェクト」と日産が説明してくれている。

つまり、最高出力400馬力近い、全輪駆動のシングルシーター・レーシングカーということになるわけだな。実際のフォーミュラEレースカーよりもはるかにパワフルであることを考えれば、それはすごく楽しそうだ。

日産の説明によると、アリア・シングルシーターは、電気自動車のクロスオーバーであるアリアと、フォーミュラEのガチライバルたちとの世界を融合させ、両者のスタイリングを取り入れている。私たちは、後者の方が割合が大きいと考えている。

日産のモータースポーツ・ディレクターであるトマソ ヴォルペは、次のようにコメントした。「日産がフォーミュラEに参戦しているのは、レースに参戦するためだけではなく、お客さまにとって魅力的な電気自動車の開発をサポートするためでもあります」

「EVプログラムがフォーミュラEプログラムに影響を与え、その逆もまた然りで、道路から道路へ、道路から道路への技術移転を可能にしています。日産アリア・シングルシーター・コンセプトは、アリアの全電動パワートレイン、デュアルモーター、革新的な全輪駆動システムと、純粋なシングルシートのレーシングシャシーとの組み合わせを追求したもので、電気自動車がどれほどスリリングなものになり得るかを力強く示しています」

生産開始を検討しているのだろうか?私達は、実現すると思わない。だってリーフ RCのコンセプトカーは、EV技術の開発ショーケースとしては非常に魅力的なものだったが、それ以上のものではなかったからね。

次はどんなコンセプトが出てくるんだろう…。

=海外の反応=
「タイトルは、電気というワードが出てくるまでは良かったのに」
「日産は、底辺層ではない、ほとんどの人が該当する一般層に向けて、より良い車を作るために投資すべきだと思う」
「OK、これはもっとよくなってる。フォーミュラEを公道で走らせてみたい」
「私も乗ってみたいと思う」
「V8が入るかどう…」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ