アルファ ロメオのCEOが2024年に100%EVのセダンを含むリバイバルプランを発表「iPadに車輪をつけたようなクルマは売りたくない」

アルファロメオのリバイバルプラン。さて、これで何回目かな?今回は2024年にジュリアサイズのスポーティなフルエレクトリックサルーンを含め、2027年まで毎年大規模な発表を行うというものだ。素晴らしいニュースである。また、小型のクロスオーバーもいくつか投入されるが、これはアルファのような会社がやることとしてはかなり退屈なものだった。

困ったことに、過去15年間、アルファは2-3年ごとに5カ年計画を発表してきた。その「復活」のたびに、約束されたさまざまなモードの数や、車の販売台数を生み出すことができなかった。

アルファには、ジャン=フィリップ・アンパラトという新しいCEOがいる。彼は1月に着任した。私は彼に、失敗したアルファの計画をすべて話している。前回の計画は、まったく新しいプラットフォームと新工場を建設するという、莫大なコストがかかるものだった。約束していた6台のうち、ジュリアとステルヴィオの2台しか生産しなかった。これらのクルマは素晴らしいのだが、ドイツのライバル車に比べて販売台数が少ない(昨年は全部で55,000台)のだ。

彼は勇気を持って受け止めてくれた。「そうですね。あなたは私どもについてよくご存知でしょう。私を信頼してください」以前、彼はプジョーを立て直した。品質を向上させ、市場が傾いていたSUVを発売し、残存価値を改善した。そして何よりも、より良いクルマを作った。言い換えれば、彼は以前の他の人が失敗したところで、約束を果たしたのだ。「このアルファの計画は、ステランティス(PSAとフィアット・クライスラーの合併によりアルファが属することになった、14ブランドからなる広大なグローバルグループ)によって確約され、資金が供給されているのです」

ステランティスは3つの電気自動車プラットフォームを設計しており、アルファはそのうち最大かつ最も洗練されたプラットフォームを使用する予定だ。アルファはそのエンジニアリングに多くの影響力を持っている。「あのチームの我々の担当者は、ジュリアのGTAバージョンを作った人です。このプラットフォームは、DSやジープ、ダッジにも採用される予定です。航続距離は最大805kmで、バッテリーサイズは最大118kWh、充電は800Vで毎分20マイルとなっています」

「電気自動車への移行は、存在意義のある選択です。私たちはそれを実行しました。どっちつかずのような状態ではいけないですし、5つの技術に分散することはできません。私たちは今、転換点に立っているのです」

その最初の電気自動車は、2024年に登場するスポーツサルーンだ。アンパラトは、それが美しいものになると言っている。プジョーでジル・ヴィダルに自由裁量権を与えたように、アンパラトはアルファの新しいデザインボスであるアレハンドロ・メソネロ=ロマノスをサポートしているという。メソネロ=ロマノスは、クプラ フォルメントールやタバスカンのコンセプトを経歴に持つ人物だ。

この新しいアルファは、他の電気自動車に比べて軽量であると彼は言っている。車内には伝統的な操作系があり、走りには個性が感じられる。「車輪をつけたiPadみたいなクルマは売りたくはありません」また、アルファでの自律走行にも懐疑的だ。「拡張されたドライビングになるでしょうが、人間が運転することで、ドライビングエクスペリエンスが増加することになるでしょう」

アンパラトがアルファに情熱を注いでいるのは明らかだ。「プジョーからアルファへの異動は、キャリアのためにするものではありません。私にとっては個人的な選択なのです。私はアルファを愛しています。イタリアを愛しています」

彼の電動サルーンは刺激的だ。しかしその前に、6月には小型クロスオーバーのトナーレ(Tonale)(下の写真)と、それよりも小型のクロスオーバーを発売する。トナーレは、ジープ コンパスのプラットフォームを使用している(奇しくも、2010年のアルファ ジュリエッタのハッチバックから派生したもの)。刺激のない混雑した市場に足を踏み入れ、おそらくグループ内の他のブランドからいくつかの小型クロスオーバーをカニバリゼーションすることが、本当にアルファの仕事なのだろうか?

アンパラト氏はこう反論する。「EVへの移行を促進するためには、顧客が必要なのです。10万ポンド(1,500万円)の車を作るだけでは、ビジネスになりません」また、ディーラーも同様だという。

「トナーレに乗れば、それはアルファなのです。だから、発売を3カ月遅らせたのです。適正なCO2(PHEV)と適正なハンドリングを手に入れる必要があったからです」

次期ジュリアとクロスオーバーが収益を上げれば、アンパラートはその後に何をしたいかを考えている。スパイダーはすでにデザインされ、ディーラーに展示されている。しかし彼は、少なくとも2027年までは「私の夢のリスト」に入れておかなければならないと主張する。そして、それはビジネスが堅調な場合に限られるのだ。

=海外の反応=
「うまくいくことを願っている。非常に懐疑的ではあるけれど、プジョーが成し遂げようとしていることは大好きだ」
「たくさんのクルマが売れることはないだろう。脳が正常に機能していれば、アルファを買うことはない」
「アルファのSUVの最新のコンセプトが何かに基づいているならば、彼らは最終的に美しいデザインに戻っているようだ。というのも、これを言うと嫌われるかもしれないけど、ステルヴィオとジュリアは、私の意見ではそれほど美しくなかったから。アルファの信頼性の問題を解決すれば、うまくやっていけるだろう」
↑「それでも、ドイツやテスラから出てきたどの塊よりも良く見える」
↑「「最も格好いいSUVは?マカンだ」-クリス ハリス」
↑「マカンの見た目は、どうでもいいって感じじゃない?」
↑「そう、ステルヴィオとジュリアはきれいじゃなかった。評論家が「見た目がいい」と言っているのをいつも不思議に思っていた。醜くはないが、見た目はまあまあってとこ」
「私はこの再生計画に納得してない。「車内にiPadを置かない」、「自律走行をしない」、「ドライバーのエンゲージメントを高める」といった話は、非常にニッチな層に向けた美徳のシグナルでしかない。いわゆるガソリン党の人たちには聞こえがいいかもしれないが、それでは年間55,000台しか売れないことになってしまう。ドイツ車と競争したいのであれば、内容と機能で競争しなければならないだろう。この分野ではレザーとテクノロジーが売り物だ。もしドライビングダイナミクスだけで言うのであれば、キャデラックはトップに立っていただろう」
↑「アルファロメオは美しく、スポーティな車を作ることで知られている。スポーティさという空虚な約束で多くの車を売っているブランドの数や、平均的な消費者がほとんどのインフォテイメントの申し訳なさそうな品質にしばしば困惑していることから判断すると、彼の言っていることはガソリンマニアに限らず、BMWも同じようなことを言っていると思う。ステランティスの中で、もっとたくさん売っている他のブランドからも技術は伝わっていくだろうから、インフォテインメントがバラバラでない限り、彼が言っていることは大胆な主張ではないと思う」
「そうだね、アルファの小さなエコノボックスは、車輪のついたiPadよりも面白くない…。唯一の面白い車はジュリア GTAで、他の車は品質に疑問があるし、あまりスポーティではない。まず自分を鍛え、それから他人を批判しよう」
「もし彼がプジョーを立て直すことができれば、その仕事にふさわしい人物だ。アルファがM3などよりも優れた車を作り始めると、否定的な人たちはいつもたくさんのことを言う。もし彼が思い通りに動けば、ドイツ人は少し神経質になり始めるかもしれないし、マイナスの議論は差し替える必要があるだろう。プジョーはすでに、シートやシュコダなどからビジネスを奪っている」
「これはまさに、テスラのような "現代的"なギミックを持った車に対して私が思うことだ。そして、私はアルファロメオが大好きでもある。…でも、市場が求めるものに従わないと生き残れないと思うので、すべてのブランドで単一のまともなインフォテイメントシステムを作って、車のことを何も知らない潜在的な購入者のために、すべてのビデオゲーム、ティックトック、フェイクオナラのアプリを提供して、車を良いものにすることに集中するお金を確保してほしいね」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS