22歳の周 冠宇(ジョウ グアンユー)が、中国人初のF1ドライバーとしてアルファと契約

アルファロメオのF1チームは、今回の採用を「重要な市場でF1プラットフォームが提供する可能性を最大限に活用するための重要な機会」と表現している。ありがたいことに、採用した本人がもう少し…情熱的に説明してくれている。

22歳の周 冠宇(ジョウ グアンユー)は、F1史上初の中国人ドライバーだ。彼は、3シーズン後の2021年末にチームを去るアントニオ ジョビナッツィの後任となる。

「中国人初のF1ドライバーになることは、中国のモータースポーツの歴史にとって画期的なことです」と語っている。周は、2015年にイタリアF4で2位、ユーロF3とF2で優勝を重ね、現在はランキング2位という素晴らしい成績を残している。F2でのタイトル獲得に向けて、残り2レースとなった。

「私は若い頃から、自分が情熱を持っているこのスポーツで、できるだけ高いところに登ることを夢見ていました。バルテリ ボッタスという実績ある世界的な才能とともに、自分のスポーツの頂点であるF1への大きな挑戦に向けて十分な準備ができていると感じています」

忘れてはならないのは、ボッタスが今シーズンでメルセデスを離れ、引退するキミ ライコネンの後任として来年アルファに移籍すること。

アルファのボス、ジャン=フィリップ・アンパラトは、「周をチームに迎えることは、世界中で共有されている直感的で普遍的な感情を刺激するブランドの包括的な力を物語っています」と説明している。また、チームのボスであるフレデリック ヴァスールは、「チームに加わる新しい中国のファンの皆さんを歓迎したい」と述べている。

去るジョビナッツィについては?アルファは、このイタリア人レーサーがチームに「多くの特別な瞬間」を与えてくれたと語ったが、トップギアの視聴者にとっては、何千人ものファンの前で3人のテレビ司会者を打ち負かしてシルバーストーンを周回した彼のハイライトが記憶に残っていることだろう…。

=海外の反応=
「おそらく中国でF1をもっと売るための政治的な動きだと思う」
↑「部分的にはね。しかし、彼はイタリアの神よりもはるかに優れた実績を持っている。つまり、ジョビナッツィのこと」
「アルファはジョビナッツィを不幸にして「ダメージを受けた商品」を作ろうとしたのは確かだ。アルファが彼を必要としなければ、他の誰も彼を必要としないようにするからだ。それにしても、1980年代の終わりに起きた小さな事件について、誰が最初に周に尋ねるだろうか?」
↑「彼は1999年生まれなので、あまり関与していないのではないかと思う」
「周がなぜ同世代の選手よりも選ばれたのかは、みんな知っている。中国人はF1への進出を望んでいて、そのためには何億円でも投じるだろうからね。将来的には、チームを買収しようとするだろう。彼がフェルスタッペンのように率直な発言をしたり、ハミルトンのように活動的になったりすることは期待できない。そうしないと、中国に戻ったときに "消えてしまう"かもしれないから」
「F1に新しい中国人ドライバーが登場することが、アウディとBMWブランドの最新の大きな動きよりも重要なニュースであるかどうかはわかんないけど…。「カーマガジン」では、BMWとアウディがマクラーレンをめぐって入札合戦をしているという情報筋の話を引用している。なぜ誰もマクラーレンブランドの購入について語らないのだろうか?その結果、勝者はマクラーレンのF1プログラムにアクセスできることになる。これは私にとって非常に大きなニュースであり、さらに重要なことは、すべてのブランドは大きな存在であり、これによってアウディが初めてF1に参加したり、BMWがF1に復帰したりするかもしれないということだ。2024年の新しいF1エンジンとして、アウディ-マクラーレン、またはマクラーレン-BMWというのも悪くないかもしれないね」
「彼らはもう、"包括性"を強調することを恥じてもいない。チーム名を「Pander-F1」に変更すべき」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS