新型レンジローバーにまつわる、押さえておくべき9つの数字

新型レンジローバーは、ランドローバー社にとっても、ビッグディールだ。今最も注目されている新型SUVの統計値をお届けしよう。

01 530ps

新型レンジローバーに搭載された、最も大きく、最も太い新エンジンがもたらすパワーの大きさを示す。このエンジンは4.4リッターV8で、BMWから供給され、ここではP530と名付けられている。レンジローバーの最上位モデルであるSVライン(レンジローバーにSVRはない)に搭載されたこのエンジンは、750Nmという驚異的なパワーを発揮し、0-97km/hをわずか4.4秒で駆け抜ける。

02 94,400ポンド(1,450万円)

新型レンジローバーの英国での価格は、これくらい。

03 100km

英国で販売される新型レンジローバーには、2種類のPHEVパワートレインが搭載されている。3.0リッター直列6気筒エンジンに、105kWの電気モーター(140bhp)と38.2kWhのバッテリーを組み合わせたもので、トルクは620Nm(P440e)または700Nm(P510e)のいずれかを選択できる。ランドローバーによると、この2台では電気のみで最長1000kmの走行が可能で、これは「予想される実世界での航続距離」の80kmに相当する。

04 0.30

大きな数字じゃないけれど、大きな意味を持っている。これが新型レンジローバーの抗力係数であり、LR社は「世界で最も空気力学的に効率の良いラグジュアリーSUV」としている。

05 35

新型レンジローバーには、ランドローバーの第3世代の「アクティブ・ノイズ・キャンセレーション」技術が搭載されている。ホイールの振動、タイヤの騒音、エンジン音をモニターし、4人の乗員のためにヘッドレストに設置された2つの60mmユニットを含む35個(書き間違いじゃないよ、ホントに35個)のスピーカーから信号を再生して、対抗するシステムである。

06 11m⁴

新型レンジローバーの最小回転半径は、全輪駆動の採用により、LR製品の中で最も小さくなっている。

07 140,000

モータースポーツに特化したシミュレーション技術を用いて、実車をテストする前に新型RRが行った「コンピュータ解析」の時間数だ。見て、ドリフトしてるっ!

08 5,252

ランドローバーが製造する最大のSUVの最大バージョンの長さをミリ単位で表したもの。全長5.2m、ホイールベース3,197mm、7人乗りのLWBの場合。

09 1,250,000

1970年の発売以来、販売されたレンジローバーの台数。クラシック、P38a、L322、L405、コードネーム「ファン」の4世代すべて。もちろん新型レンジローバーとは何の関係もない(まだ発表されたばかりだから)が、いかに成功してきたかを示すものだ。

=海外の反応=
「数字は重要じゃない。4つの車輪を持つ小屋であっても、レンジローバーと呼ばれていれば、明日には在庫がないほど売れるだろう」
↑「つまり、レストモッドされたシリーズ1のレンジローバーがバカ高い値段で売られている事実がそれを証明しているのだ。基本的に、革で縁取られた小屋だってのに」
「正直、リアのライトクラスターはすでに私を魅了しており、これは驚きだった。全体的には、素晴らしい出来だと思う」
「現代の便利さや技術を認めないわけじゃないけれど、やはりあのシリーズ 1のルックスが好きだね」
「全体的には気に入っている。デザイン言語が似ているヴェラールやイヴォークと比較している。あとは、Sportがどうなるかを待つだけだ…」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS