マクラーレンが「ゲーム・チェンジャー賞」を受賞、P1から始まった電動化技術をアルトゥーラへと昇華

マクラーレン・オートモーティブは、ロンドンのザ・ドーチェスター・ホテルで開催された「ウォルポール・ブリティッシュ・ラグジュアリー・アワード」のセレモニーで、「ゲーム・チェンジャー賞」を受賞した。

賞の授与は、女性実業家、モデル、慈善家としても著名なバース侯爵夫人エマ・シンにより行われた。この賞では、マクラーレンが継続的に取り組む、技術革新や科学技術の応用実践が評価された。こうした取り組みは、マクラーレン初の量産型ハイパフォーマンス・ハイブリッド・スーパーカーである最新モデル、マクラーレン アルトゥーラに活かされている。

マクラーレンは、世界初のハイブリッド・ハイパーカーとなったマクラーレン P1™の発売とともに、電動技術における信頼を10年近く前に確立した。そして最新モデル Artura では、マクラーレンの量産型モデルに電動技術を導入している。これを可能にしたのは、3年前に始動したばかりのマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターが開発した、画期的なプロセスやテクノロジーだった。一連の開発では、車両の軽量化により、お客様がマクラーレンに期待する運転性能や操作性を確実に保ちつつ、エネルギー効率の高いドライビングを実現している。

こうした進歩のおかげで、2020年代後半にはマクラーレンが完全電動化を実現するルートが開けた。またマクラーレンは軽量化のノウハウを活かして、英国政府の主導のもとに、他の運送手段のエネルギー効率を向上させるために尽力を続けている。

「ハンドビルドのスーパーカーを生み出すマクラーレン・オートモーティブが、イノベーション、デザイン、科学技術の応用実践が評価され、ウォルポールでゲーム・チェンジャー賞を受賞できたことを光栄に思います」

「私達はわずか10年間のうちに、この分野の先導役を担うに足る、新しいプロセスやテクノロジーを開発してきました。軽量化技術やモータースポーツ界に由来する、社の起源に真摯な姿勢を保つと同時に、環境への影響を最小限に抑えながらも、最高のドライビング体験を提供するためです」

「デザインや科学の応用実践によって、マクラーレンは真に革新的な英国高級ブランドであり続けています。マクラーレンがお届けする、モダンでパーソナライズされた画期的なマシンは、世界中のお客様に喜ばれています」

ルース・ニック・アーイ  マクラーレン・オートモーティブ 購買・通商・法務・政府関連事業エグゼクティブ・ディレクター

「マクラーレンは、モダンかつラグジュアリーなスーパーカーの可能性を、常に拡張し続けています。だからこそウォルポールのゲーム・チェンジャー賞受賞は確実視されていました。アルトゥーラでは、カーボンファイバー製の軽量構造が、高性能なハイブリッド・エンジンとともに、絶妙なデザインに包まれていますが、このような技術革新は、英国のラグジュアリーオートモーティブの未来をさらに心躍る方向へと導くものです」

ヘレン・ブロックルバンク ウォルポール CEO

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS