ポルシェGT部門のボスが、将来のケイマンに電動化を示唆

トップギアは、サーキットで鍛えられたポルシェの世界が、文字通り電気自動車についての議論のに現れたことはない、と中々の自信を持って言える。しかし、今回は違うのだ。

ポルシェのGT部門の責任者であるアンドレアス プルーニンガー(『欲しいのは、本当に良いポルシェだ』の生みの親)の言葉を借りれば、新型718 GT4 RSは、ロビー ウィリアムズの『Let Me Entertain You』の曲のようなものだという。

「718のプラットフォーム上で、9,000rpmで回転する大気中の普通のエンジンを使って、盛大なパーティーを開く時が来たのです」と、プレニンガーはTGに語っている。「このクルマは、4輪のライブコンサートです。そんなエンターテイナーなのです」

ああ、そうだったのか。では、なぜパーティーなのか?それは、「ミッドエンジンプラットフォームの未来は、電気と大いに関係があるかもしれない」からであり、だからこそ、現在の718には適切な爆発が必要なのだという。

電気自動車のケイマン。これは長い間噂されてきたことであり、特に数ヶ月前にポルシェ自身がミッション Rコンセプト(下の写真)を公開したときには、さらにそう言われていた。ケイマンサイズのレーシングコンセプトで、バッテリーを搭載し、予選で1,073bhp(レース仕様では約600bhp)の出力を発揮する。全輪駆動で、30分程度のレースなら平気で走ることができる。

当時、TGがポルシェに「ミッション Rはケイマンの偽装ではないか」と質問したところ、ポルシェは「将来の市販車にはこのような要素が見られるようになるでしょう」と答え、その後、「このような車を実現する方法を見つけることもできるでしょう」と認めた。

もちろん、ミッション Rの役割は、2025年から始まるポルシェ独自のカスタマー・エレクトリック・レース・シリーズを前にしたものであり、その時点でポルシェは、航続距離の向上や軽量化を実現する新世代のバッテリーを期待している。次世代のケイマンにはその恩恵があるかもしれない。また、レーシングカーで公道走行のコンセプトを試すことは、有史以来の業界標準となっているしね。

さて、楽しみになってきた?


=海外の反応=
「ミッションRが周回する(そして大きな音を出してる)スパイビデオがある。これはコンセプトではなく、プロトタイプなんだ」
「僕に言わせれば、1.4トン以上の重さがあれば、それはポルシェではなく、ただの高速戦車だよ」
「4気筒にダウングレードした718がどうなったかは、すでに知ってる」
「ミッションRはかっこいいよね。アルピーヌとロータスがEVのスポーティな車を作っているので、良い競争相手になるだろう。大きな問題は、ちょっと魂のこもっていないクルマになりそうだってこと」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS