504kmの航続距離が魅力、ポルシェ タイカン GTS

ロサンゼルスモーターショーでのポルシェのデビュー作品は1台ではなく、2つ。いや、3台目もあった。待望のケイマン GT4 RSに加えて、2台のタイカンがポルシェのブースに登場した。

まず、GTSについて説明しよう。このバッジは911でよく知られているが、それ以外にも販売されているすべてのポルシェに採用されており、エントリーレベルのモデルとトップスペック(多くの場合GT部門)のモデルを価格と性能の両面でバランスさせることで、「ベスト・オブ・ザ・ワールド」の提案をしているかのようだ。

そして、18,070,000円のタイカン GTSは、絶妙なバランスで配置されている。このモデルは、パフォーマンス・バッテリー・プラス・オプションとその93.4kWhの容量を組み合わせ、最高出力598psを4輪に供給する。その結果、0-100km/hは3.7秒(ローンチコントロールのヘルプを借りた場合)、最高速度は250km/hに達する。

さらに重要なのは、504kmの航続距離だ。これは、「今年の初めにモデルイヤー2022年型のタイカンに導入された、特に効率的なドライブトレイン制御戦略の改良」のおかげであり、GTS周辺のモデル群は間もなく再認定される予定だ。おそらく、その数値がすべてのモデルの真ん中にぴったりと収まるように…。

アダプティブエアサスペンションはGTS専用にチューニングされ、フェイクエキゾーストサウンドソフトウェアやオプションのリアホイールステアリングも変更されている。トップには、ボタンを押すだけで透明から不透明へと変化する「バリアブル・ライト・コントロール」付きのパノラミック・サンルーフがオプションで用意されている。ボディワークにはブラックのディテールが多数施され、室内にはスエード調のレーステックス・トリムが多用されているが、窓やペダルにカバーがないのが不思議なくらい。脂ぎった指の人は、ここでは歓迎されないだろう。

裏側を見てみる。タイカン スポーツツーリスモを目にするのは初めてだが、そのコンセプトを理解するのは簡単じゃない。タイカン クロスツーリスモの車高を下げ、クラッディングを剥がし、わんぱくなグラベルモードを取り除いたものだ。

サルーンよりも広いヘッドルームとトランクルームがあり、少なくともGTSバッジをつけている場合は、わずか10万円の追加ですべてが解決する。英国では、4ドアが104,190ポンド(1,610万円)、エステートが104,990ポンド(1,620万円)となっており、どちらを買うか迷っていたのが解消されそうだ。

=海外の反応=
「STのボディが他のモデルにも採用されるといいね」
「GTSトリムは、スペック的には非常にボーイズレーサー的な印象を受ける。自分の好みじゃない。エステートはプラスチックのクラッディングがない方が見栄えがする」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS