ベントレーが初めて顧客に3リッターを販売してから100周年

ベントレーモーターズは、顧客への販売を開始してから100周年を迎えた。1921年にKS 1661として登録された3リッターモデルは、ロンドンの富裕層であるノエル・ヴァン・ラールテが購入した。彼はすぐれたエンジン車のレースに情熱を傾け、家族はプールハーバーの近くにあるブラウンシー島を所有していた。

1,150ポンド(18万円)で購入されたこのベントレーの最初の生産車は、北ロンドンのクリックルウッドで製造され、軽量アルミニウム製のコーチワークと真鍮製のブライトワークを備えていた。創業者であるW.O.ベントレーによって発表された3リッターカーは、それ以来ベントレーの特徴となる製造品質と技術力を示し、非常に人気のあるエンジン車となった。実際、ベントレーの102年の歴史の中で、200,000台以上の車が手作りされ、そのうちの97%は1946年にクルーに移転して以来、クルーの生産ラインから出荷されている。

ヴァン・ラールテはベントレーを注文した最初の顧客だったが、不思議なことに最初に納車されたのは彼ではなかった。その栄誉は、1921年8月に3台の3リッターを購入し、最初に納車したアイバー・リュウェリンがつかむ。これは3台目の生産シャシーであり、現存する世界最古の量産型(実験用でない)ベントレーとして現存している。

こうしたベントレーの卓越したクラフツマンシップの歴史により、3リッターは1924年と1927年のル・マン24時間レースで優勝することができた。伝説のベントレーボーイズがサーキットを支配し、8年間で5回のベントレーの優勝という壮大な歴史の幕開けとなったのだ。フランスを代表するレースにおける3リッターにふさわしく、ヴァン・ラールテのシャシーNo.1は1931年のフランスでのレースを最後に姿を消した。

最近開設されたモーニングアーカイブから提供された1920年1月号のThe Autocarに掲載された3リッターのレビューで、ライターは新型ベントレーを完璧に要約している。「コンチネンタル・ツアーで使用する真のソート・タイプの軽量な車を求める人にとって、3リッターのベントレーは間違いなく最高の車である」

また、こう付け加えられている。「真のエンスージアスト達にとっては、車には間違いなくパーソナリティーがあります。彼らにとって、車は単なる鉄やアルミの集合体ではなく、動物のようなものです。クラッチが噛み合い、狭いステアリングホイールのリムを通してドライバーに感覚が伝わった途端、その魂が現れます」

続けて、3リッターを手に入れてすぐのヴァン・ラールテは、The Autocarの編集者に次のように熱烈なレビューをしている。「私がベントレーを購入した理由は、道路上のあらゆる面で卓越した性能を発揮するからです。ステアリング、サスペンション、路面への追従性、ブレーキ、チェンジスピード、エンジンの効率性など、私がこれまでに所有した、もしくは試したどのメーカーよりも、このメーカーが最も優れていると思います」

Autocar誌の編集者であるマーク・ティショー氏は次のようにコメントしている。

「1895年までさかのぼるAutocarのアーカイブは、ベントレーの全歴史を網羅しています。ベントレーの豊かな歴史の中でこのような重要な出来事があったとき、私たちはすでに26歳になっていました。モーニングアーカイブのデジタル化により、初めてアーカイブにアクセスできるようになり、この特別なベントレーの起源のような素晴らしいストーリーが、より簡単に再発見され、共有されるようになりました」

3リッターモデルはベントレーブランドの確立に大きく貢献し、その後、6 ½、4 ½、8、そして4リッターと、戦前期の最も個性的なヴィンテージカーが続いていく。

戦後、息を呑むようなベントレー Rタイプ コンチネンタルが1952年にデビューした。この世界最速の4シーターカーは、最高速度120マイル(約160km/h)を記録し、究極のラグジュアリー・グランドツアラーとなった。1960年代にはベントレー Tシリーズが発表され、1970年代には長年使用されてきたV8エンジンが再設計され、容量が6.75リッターに拡大された。

その後、ミュルザンヌやターボ Rなど多くの名車が誕生したが、ターボ Rは当時最速のロードゴーイングベントレーだった。1998年、フォルクスワーゲングループがベントレーを買収し、ベントレーの新時代の幕開けを告げる大規模な投資計画を開始した。

2001年にEXP スピード 8でルマンに凱旋した後、2年後にはベストセラーのコンチネンタル GTが発売され、2009年には全く新しいミュルザンヌが発売された。その後ベントレーは、2015年にベンテイガの登場で世界初のラグジュアリーSUVを生み出す。ベンテイガは、4輪駆動で最大7人乗りのどこにでも行けるベントレーである。

ベントレーの100周年記念の年である2019年には、新しいフライングスパーが登場し、2020年には超希少なオープンエアのバカラルが登場した。この手造りの限定モデルは、世界で最も古いコーチビルダーであるベントレーマリナーによる伝統的なコーチビルディングへの回帰を意味していた。

世界的なパンデミックにもかかわらず、ベントレーは2020年に過去最高の販売台数を記録し、さらに画期的なビヨンド100戦略を明らかにした。持続可能なモビリティ・リーダーシップにより、ビジネスのあらゆる側面を効果的に改革する。その目標は、2030年までにエンド・ツー・エンドでカーボンニュートラルを実現し、ベントレーの全製品をバッテリーのみで駆動することだ。

刺激的な未来に向けて前進するベントレーだが、ベントレーの特徴であるクラフトマンシップとエンジニアリング能力は、引き続きブランドの中核をなしている。ヴァン・ラールテに最初の量産型3リッターを納車してから100年、ベントレーは高級車製造の最先端を走り続けている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS