過去最多の135台のマクラーレンが集まったマクラーレン・トラックデイ・ジャパン2021

今年、10周年目という節目を迎えるマクラーレン・オートモーティブは11月14日、富士スピードウェイを舞台に2年ぶりとなる 「マクラーレン・トラックデイ・ジャパン2021」を開催した。「マクラーレン・トラックデイ・ジャパン2021」 はマクラーレンオーナー向けに2013年から開催しており、今回で8回目となる。今年は日本で開催されてきたマクラーレン・トラックデイ・ジャパン史上最多の135台のマクラーレンとオーナー達300人ほどが集まり、各々のこだわりや想いを語らいながら、マクラーレンでの走行を思い切り楽しんだ。

サーキットでは、ビギナーからエキスパートまでそれぞれのカテゴリーでサーキットを走行。またイベントラウンジでは、スペシャルゲストとして、アスリートの山本 篤氏が登壇し、会場を沸かせた。

マクラーレンオーナーになれた暁には、ぜひ参加したいイベントだ。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/11/41139/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ