ベントレーのビスポーク部門、マリナーが米国向けに3つのコレクションを発表

ベントレーマリナーは、専用のベントレーを求める声の高まりを反映して、アメリカの顧客向けに一連のビスポークコレクションを発表する予定だ。米国の販売店はベントレーマリナーと密接に協力し、顧客のために数多くの特注グランドツアラーを製作してきた。

3つの新しいコレクションは、それぞれ特定のテーマに基づいている。

10月末に開催されるフォートローダーデールボートショーで展示される予定のマリナー・ノーティシス・コレクションには、ヨットをテーマにした4台のコンチネンタル GT V8 コンバーチブルが含まれる。

マリナー・スカイライン・コレクションは、マンハッタンの象徴的なスカイラインをテーマにしたコレクションで、マリナーとしては初めて現行モデルの全車種を揃えたコレクションだ。

マリナー・マイアミ・コレクションは、マイアミの活気あるアートシーン、カラフルなライフガードステーション、アールデコからインスピレーションを得ており、6台の大胆なベントレーを展示している。

フォートローダーデールのベントレーの販売店は、ヨットをテーマにしたノーティシスコレクションを依頼した。このコレクションは、エーゲ海ブルーとゴーストホワイトにペイントされた4台のコンチネンタル GT V8 コンバーチブルで構成されている。このペイントはマリナービスポークシリーズのもので、エーゲ海ブルーとポリッシュ仕上げの22インチアロイホイールが装備されている。カラーマッチした特注のカーボンファイバー製スタイリング・スペックは、フロントバンパースプリッター、サイドスカート、リアディフューザー、トランクリッドスポイラーなどを装備し、視覚的なスポーツ性をさらに高めている。

ノーティシスをテーマにしたインテリアは、ブルーネル、リネン、ポートランドの各レザーを特注のカラースプリットで組み合わせた。フロントフェイシアとドアウエストレールは、ピアノリネンでキャビンのトーンテーマを引き継いでいる。このテーマはシートにも受け継がれ、ヘッドレストにはブルーネルとリネンの刺繍が施されている。さらに、センターコンソールのオープンポアシェブロンライトパネルがキャビンのハイライトとなり、このヨットにインスパイアされたコレクションを完成させている。

ホルマンオートモーティブ社の副社長兼ベントレーフォートローダーデールのゼネラルマネージャーであるピーター・ブランド氏のコメントは下記の通り。

「マリナーデザインの美学が持つ個性と独自性は、ホルマンモーターカーズ、またユニークな顧客体験を創造するという我々の目標に完全に合致しています。数ヶ月にわたってマリナーと親密にコラボレーションし、ホルマンモーターカーズの戦略と南フロリダの象徴的な地理とライフスタイルに合致した、真にユニークなものを作るという私たちのアイデアがスタートしました。最終的には、ヨットにインスパイアされたマリナーの限定車が完成し、それはまさに息を呑むほど素晴らしいものでした。この不朽の名作は、アートとテクノロジーを融合させてユニークな感動と体験を提供するための無限の可能性と能力をさらに際立たせています」

マリナー・スカイライン・コレクションには、フライングスパー、コンチネンタル GT コンバーチブル、ベンテイガが含まれており、ベントレーの3つのモデルラインすべてを含む初のコレクションとなっている。ベントレーマンハッタンは、グランドツーリング、家族や友人との旅行など、どのような人にも楽しんでいただけるような繊細な仕様を共同で考案した。

コレクションのすべての車両は、最新のロボット技術を駆使してハンドスプレーで塗装されたダークブラックの外装色、オニキスで塗装されている。ブラックラインスペシフィケーションでは、外装のブライトウェアをよりダークなものに変更し、パワフルでコンテンポラリーな外観を実現している。

カーボンスタイリングスペシフィケーションでは、22インチのブラック&シルバーアロイホイールと調和したシルバーピンストライプのエッジで、エクステリアに特注の仕上げを施した。

マリナーインテリアでは、シートとヘッドレストにシルバーのアクセントを施している。ダッシュボードとドアのウエストレールには、ペイントされたパネルが使用されている。シートの中央にはシルバーのコントラストステッチが施され、マンハッタンのスカイラインをイメージした刺繍が施されているが、この刺繍は助手席のクロームオーバーレイとして再現。さらに、パーソナル・トレッドプレートや特注のLEDウェルカム・ライティングなどの仕上げを施し、この初のクロスカー・コレクションのユニークなテーマを完成させた。

マイアミの活気あるアートシーン、カラフルなライフガードステーション、アールデコにインスパイアされた6台のマリナー・マイアミ・コレクションは、カーボン・スタイリングスペシフィケーションにアークティカ・ピンストライプ・ハイライトを加えた大胆なペイントを採用している。オレンジ、ブルー、ライムグリーンの外装色により、フライングスパー、コンチネンタル GT、ベンテイガなど、マリナーデザインチームが提供する輝くような色を表現した車のコレクションが誕生した。

例えば、フライングスパー・マイアミエディションの室内は、ペイントとマッチした印象的なツートンカラーのピアノパネルがフロントの乗員を包み込み、エクステリアカラーと同じクラインブルーのレザーがリアのドアポケットにまで続いている。シートにはコントラストステッチを施したオーダーメイドのキルティング、ヘッドレストへのマリナー刺繍、クラインブルーのマイクロパイピングが施されており、このオーダーメイドのクラフツマンシップが強調された。クラインブルーのレザーは、ギアセレクターとステアリングホイールの下部スポークにも使用されている。また、乗降時には「One of Six」と書かれたプレートが目に入り、このクルマのエクスクルーシブ性をアピールしている。

ベントレーアメリカのセールス&オペレーション担当副社長、マイク・ロッコは次のように述べている。「アメリカ大陸の市場では、ビスポークの車を注文することへの関心が高まっています。パーソナルコミッショニングガイドを通じて、お客様への在庫提供を拡大し、真にユニークな体験を提供する機会は注目に値します。私たちのディーラーは、ベントレーのビスポーククラフツマンシップを最大限にアピールできるよう、それぞれの地域の市場やコミュニティに深く関わっています」

マリナーデザインチームは、2014年以来、1000件以上のオーダーメイドプロジェクトを手がけてきた。これらのプロジェクトは、パーソナルなオーダーメイドのトレッドプレートから、ベントレーマリナーバカラルのような完全にユニークなコーチビルドのプロジェクトまで多岐にわたっており、限定シリーズやレースカーのデザインも含まれている。

今回の米国地域でのコミッションは、クルーの販売店や専門家の専門知識を活用したビスポーク車両に対する需要の高まりに直接対応するものだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS