カリフォルニアで華麗にドリフトするトヨタ スープラ改がフォーミュラドリフトの世界タイトルをゲット

パパダキス レーシングの従業員であり、世界中のドリフトサーキットで活躍するフレドリック アースボは、その名字にふさわしく(英国人の皆さん、こんにちは!)、また、タイヤメーカーのビジネスを維持するために最善を尽くしている。おお、そうだった、2021年のフォーミュラ・ドリフト世界選手権で優勝したんだっけ。

36歳のノルウェー人ドリフターは、2つ目のFD世界タイトルを獲得し、短いながらも複数のタイトルを持つ才能豊かな選手たちの仲間入りを果たした。ドリフトの名手、タナー フォーストのような人だ。

「最初のタイトルを獲得した2015年から競争が非常に激しくなり、今回のタイトルはより厳しい戦いになったんだ」とアースボは述べている。「シーズン中、全員が挑戦し続けることはとても大変だったよ。私たちが夢を追いかけることを可能にしてくれるチーム、パートナー、そして家族には感謝しかない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/10/40451/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ