P1、セナ、エルバがグッドウッドを走った マクラーレン・オートモーティブがロードカーでの10周年を記念

あれから10年、早いもんだ…。マクラーレンの場合は「早い」でなく「速い」と記すべきなのかもしれない。10年にわたるロードカーでの成功を記念して、マクラーレン・オートモーティブのスーパーカーやハイパーカーが、10月16日(土)と17日(日)にイギリスのグッドウッド・モーター・サーキットを周回し、第78回グッドウッド・メンバーズ・ミーティングのオープニングを飾った。

パレードの先頭は、2011年にマクラーレン・オートモーティブの新時代の幕開けを告げた製造1台目の12C。続いて、この10年間に登場した記憶に残る高性能ラグジュアリーモデルの数々が、マクラーレンの業績を記念してグッドウッド・サーキットを走行した。

12Cと共に登場したのは、世界初のハイブリッド・ハイパーカーのMcLaren P1™、究極のサーキット専用モデルであるMcLaren Senna、McLaren GT、コンバーチブルの675LT Spiderと720S Spider、そしてアルティメットシリーズ最新作のElvaだ。またマクラーレンの新型ハイパフォーマンス・ハイブリッド・スーパーカー、アルトゥーラも登場した。

このダイナミックなパレードを中心とするグッドウッドでの10周年記念イベントには、マクラーレンの顧客も参加した。また、コースカーやセーフティーカーにもマクラーレンのロードカーが使われた。

「次の10年においても、マクラーレン・オートモーティブは様々なセレブレーションを発表することでしょう。私たちはマクラーレンの歴史を土台に、新技術を開発し、電動化を積極的に受け入れて、成長を続けています。折に触れて、サーキットで私たちのマシンを走らせ、マクラーレンのオーナーと共に楽しむ。祝福するのに、これ以上のものはないでしょう。マクラーレンの創業者ブルース・マクラーレンは『人生は、年の数だけでなく何を成し遂げたのかで測られる』という言葉を残しています。10周年を迎えたこと自体は画期的ではありますが、同時に2011年から生み出してきた驚異的なマシンの数々こそ、私たちが最も誇りとするものです」

マクラーレン・オートモーティブCEO、マイク・フルーウィット

マクラーレンのロードカーのヘリテージを紐解くと、ブルース・マクラーレンが1969年に未来的な外観のM6GTを設計・製造したことにさかのぼる。ブルースは1970年にグッドウッド・サーキットでテスト中の事故から早すぎる死を迎え、ロードカーに進出するマクラーレンの野心は中断された。しかし、レース以外にも好機は存在し続け、1993年にはMcLaren F1が登場して、カーボン・ファイバー製モノコックと中央に配したドライビング・ポジションで常識を書き換えた。そして2009年、新時代の到来を告げるまったく新しいスーパーカーの12Cが発表された。

12Cのデリバリーは2011年に始まる。同年秋には、このスーパーカーとその後のすべてのマクラーレン・ロードカーを手作業で組み立てる新施設、マクラーレン・プロダクション・センターが、イギリスのサリー州ウォーキングにオープン。量産という目標達成に向けて万全の態勢が整い、こうしてマクラーレン・オートモーティブの10年が始まったのである。

グッドウッド・メンバーズ・ミーティングでの10周年記念に先立って、9月にも、イギリスのシルバーストン・サーキットとポルトガルのアウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェで、同様の記念イベントが行われた。

そこでは、過去10年のラグジュアリー・スーパーカーによる記念パレードに加えて、個人所有の希少なサーキット専用モデルも集結。McLaren Senna GTRやMcLaren P1™ GTRに加えて、GT3のレーシングカーからレギュレーションの制約を取り払ったマクラーレン・カスタマー・レーシングの720S GT3Xも登場しました。ポルトガルでのイベントでは、ピュア・マクラーレンGTシリーズの3戦も行われ、多くのマクラーレン・オーナーが新たにGTレースに挑戦した。

11月には、アメリカ・テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズでもピュア・マクラーレン・フェスティバルを開催する。2021年ピュア・マクラーレンGTシリーズの最後の3戦が行われるほか、さらに多くのマクラーレン・オートモーティブのモデルがアメリカGP開催コースをパレードする予定だ。

2021年のマクラーレンのロードカー・ラインアップには、GTのほか、2種類のスーパーカー、McLaren Arturaと720S、さらに極限を追求した765LT、そしてElvaがある。こうしたモデルや過去の多くのモデルに関する詳細は、マクラーレン・オートモーティブのサイトでご確認を。

https://cars.mclaren.com/jp-ja

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS