ランドローバーの商用車が2023年モデルのアップデートをかなり急いでる

最近じゃ、「モデルイヤーアップデート」戦略にすっかり慣れてしまった。特にジャガー・ランドローバーは、地球を揺るがすような大規模なマイナーチェンジを行うのではなく、小さな改良を継続的に行っていくことに熱心な自動車メーカーだ。

私たちが慣れていないのは、彼らがどれほど時間を惜しんでいるかということ。ランドローバーのディフェンダーはMY23が発表されたばかりだが、実はもう2022年ではないんだってことを確認した。とはいえ、この2、3年で時間の概念が大きく変わったことを考えれば、それも驚きではないだろう。

とにかく、そのクルマ。てか、バンだね。ほとんどの変更点は、ディフェンダー ハード トップの商用車に関するもので、マイルドハイブリッドの直6ディーゼルである新しい「D250」エンジンが追加され、より高級なSE仕様にすると、追加キットが満載になる。

20インチホイール、12ウェイ電動シート、Meridianサウンドシステムなどが装備され、バンとしては錆びついた古いフォード トランジットよりも数段上のレベルになる。ブラインドスポットアシストは、おそらく最も実用的な機能だ。D250 ハード トップの価格はVAT(付加価値税)込みで38,000ポンド(600万円)からとなっているが、オプションリストを見ただけでかなり高くなる可能性がありそうだ。

一方、後部座席と窓のあるノーマルのディフェンダーには、大型のメディア・タッチスクリーン、数種類の新しいカラーオプション、セキュリティシステムの強化などが追加されている。

ランドローバーはディスカバリーにも手を加え、レンジの一方には超高級車のメトロポリタン エディションを、もう一方にはディスカバリー コマーシャル(これもバン)に新しいR-Dynamicトリムラインを追加した。

=海外の反応=
「信頼性の面で何か改善はあるのかな?この手のものはおしゃれなだけに、ふとした拍子に壊れてしまいがち」
「先日、スーパーのテスコで新しいディフェンダーを見たけど、塗装の質はテスラと同じくらい悪かった」
「JLRは、車の製造方法はおろか、今日が何曜日かもわからないということを、さらに証明しているようなもの」
「ホイールリムを大きくしたり、ルーフを黒くしたりすることが、なぜアップグレードになるのだろうか。見た目は悪いし、効果も薄いし、ルーフをつけるとキャビンが暑くなり、温暖な気候では耐えられないじゃん。今、彼らは素晴らしい車を持っているのに、何年もの間、品質、バグ、製造上の問題を無視し、絶望的な装飾でその中核的な魅力を無力化するのだろうか。LRの誰かがしっかりして、RRモデルやサブブランドに派手さを残しておいて、ディフェンダーはその信頼性のために、それを台無しにしないでほしいのだ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS