20世紀初頭モデルをリスペクトしたH.モーザーのヘリテー ジ・デュアルタイム

H.モーザーからヘリテージ・デュアルタイムが発表された。20世紀初頭のH.モーザーのタイムピースに着想を得たヘリテージコレクションに新ムーブメントHMC809を搭載した。入荷予定は今年の冬で、価格は2,640,000円。

有名な時計師であったハインリッヒ・モーザーはまた、賢明な起業家にして先見の明を持つ業界の先駆者でもあった。22 歳で生まれ故郷のシャフハウゼンを出ると波乱に富んだ冒険の旅を始め、やがてサンクトペテルブルクへとたどり着く。そして、貴族たちに高く評価されるまでに専門技術を磨き、1 年後の 1828 年に H. Moser & Cie.(H. モーザー社)を設立し、スイスに工場を建設した。ハインリッヒは旅に対する情熱を、1844 年に誕生した息子のアンリとも分かち合ったのである。生涯を通して彼らを導くエネルギーとなった発見への渇望に触発されて H. モーザー社が作り上げたのが、冒険心に満ちたヘリテージ・デュアルタイム モデルだ。

大胆なステンレススチール モデルのヘリテージ・デュアルタイムは、シャフハウゼンのモーザー社の博物館に展示されている懐中時計や20世紀初頭のモデルから着想を得たクラシックな美しいラウンドシェイプ。ステンレススチールケースに細身のラグと刻みのある大型のリュウズを備えている。美しいバーガンディのフュメダイアルによってさらに魅力的になった極めてクラシックなモデルで、シークレットサインのように透明な仕上げのラッカーで描かれたブランドロゴも配されている。伝統的なスタイルのレイルウェイ(線路)型の分目盛りはホワイトで、非常に現代的なコントラストを成し、剣形の針にスーパールミノバ® が施されている。立体感のある独特のアプライド数字には、どんな形状や色にも仕上げることができる画期的なセラミックベースにスーパールミノバ® が配合された素材、グロボライト® が使用されている。自然な風合いを活かしたグレーのクーズーレザーストラップからわかるとおり、冒険のために作られた時計だ。

ヘリテージ・デュアルタイムの中心で鼓動を刻むのは、新しい自動巻きキャリバー HMC 809。このムーブメントは、自社製の自動巻きキャリバーをベースに完全に社内で開発されたモジュールによる デュアルタイム 機能を備えています。グレーの針はデュアルタイム ゾーンを指し、ミニマリズムを追求する H. モーザー社のスタイルに沿って、使用しないときはメインの時針の下に隠すことができる。日付は 6 時位置の均整の取れた枠に表示され、実用性の観点からデュアルタイム ゾーン機能の動きと連動させている。HMC 809 キャリバーのパワーリザーブは 3 日間で、両方向ラチェット式巻き上げシステムによってローターから香箱にエネルギーが伝達されるため、完全に巻き上げるのに必要な時間を短縮できる。

伝統と現代性、過去と現在の狭間を繊細に表現したヘリテージ・デュアルタイムは、H. モーザー社という、約 200 年も遡ることのできる豊かな歴史を讃えつつ現代性を備えたマニュファクチュールを見事に表現している。

H.モーザー:h-moser.com/ja
NX ONE 銀座:https://nxone.h-moser.jp

アーカイブ

subscribe RSS