絶対王者だったテスラも安泰ではいられない…ルーシッド エアがついに生産段階へ

マーク トウェインは、「比較は喜びの死である」と言っている。

もちろん、優れた格言家である彼は、自分と自分の人生を他人の人生と比較することは、自分の欠点を強調する以外の何物でもない、という人間的な意味で言ったのだろう。しかし、ようやくアリゾナの生産ラインから転がり落ちてきた新型ルーシッド エア(Lucid Air)は、少なからぬテスラのファンサイト、Teslaratiにいる人に、致命的な喜びを与えているのではないかという気がしている。そして、これまで何度も「喜びを知らない人」と言われてきた私たちが、まずはこの2つを比較してみよう。

テスラの最長距離車であるモデル S…。つまりロングレンジの走行距離が405マイル(652km)であるのに対し、ルーシッドで走行できる最長距離は520マイル(837km)となる。つまり、185km足りない、20%以上の差があるということだ。これは相当なものである。

では、パフォーマンスはどうだろう?モデル S プラッドは1,020bhpという驚異的な出力を持ち、これはきっと…うーん、いや、ルーシッドエアの1,111bhpの上を行くのだろうね。確かに、このパワーの塔は現在のところ「ドリームエディション」仕様でしか手に入らないが、パワーが多いことはやはり事実なのだ。私たちの中には、馬力は住宅価格やクラシックカーの価値と同様に、途方もなく大きくて実質的には意味のないものだと考えている人が少なからずいる。しかし、いつも言うように、話はそこから始まる。

馬力は明らかに一つの数字に過ぎず、それがどれだけうまく表現されているか、どれだけの質量を持っているかは誰にもわからない。そして統計的に見れば、モデル S プラッドはエアよりも速く、より早く加速する。322km/hは270km/hよりも速いし、時速0マイルから97km/hまで1.99秒で到達するのは、a)壊滅的に暴力的で、b)エアの2.5秒のおぼつかなさよりも測定可能な面では良い。

まあ、そんなところだろうか。テスラの2秒以下の速さには、「モーター トレンド」の優秀なスタッフが発見したように、かなりの注意点がある。彼らはクルマが好きで、クルマについての記事を書くのが好きなので、信用できないような悪いことばかりしているわけではないと思う。とにかく、テスラは「モーター トレンド」に対して、プラッドを特別に準備されたドラッグストリップでテストすることを要求した。このドラッグストリップでは、トラクションを助けるためにスタートラインで超粘着性のあるスプレーを吹き付けることも含まれていた。

また、他にも考慮すべき点がある。多くのアメリカの自動車雑誌がそうであるように、モーター トレンドでは30cmのロールアウトを行う。それは何でかって?これは、反応時間が0-97km/hのタイムに影響しないようにするための素晴らしい方法だ。その代わりに、30cmのロールアウトが行われる。しかし、少なくともロールアウトの影響は0.2秒から0.3秒と、おおむね一貫してるr。つまり、プラッドの実際の0-97km/hタイムは、整備された路面では2秒台に戻っているのだ。また、一般道では2.3秒程度になるだろう。

はっきり言って、0-97km/hのタイムが2で始まるのは野蛮なことだ。それは苦痛であり、全く必要のないことであり、通常の生活にはほとんど関係のないことであり、そして純粋に楽しいことでもある。5分の1秒を争うことは、まったくもって面白くない。しかし、0-97km/hのタイムに0.2秒の差があることで、自分自身や自分の人生の決断に満足することができるかもしれない。そして、より良いダジャレも生まれるかも。

最高速度については…110km/hを超えると多くの国で違法となるが、その議論は世界のヘレン ラブジョイ(シンプソンズに出てくるおしゃべりで意地悪な牧師夫人)にお任せしましとこう。160km/hを超えると、アウトバーン以外では反社会的になる。240km/hを超えると、アウトバーンでもかなりのスピードになる。そして320km/h?あなたの死ぬまでにやってみたいリストの項目を除けば、それは無関係なことだ。きっと、制限のないルーシッドがテストで達成した378km/hも、さrにそうであろう。

キャビンの中では、ルーシッドは高級サルーンに期待されるものを持っている。私たちがいつも言っているように、好みは主観的なものだ。ある人のミニマリズムは別の人のモノクロームの無味乾燥さになるが、ルーシッドは間違いなく全体的に多くのものを備えている。1,000bhp以上の電気での推進力を瞬時にコントロールしようとするときに必要となるような、全体的なステアリングホイールを含めて。

ルーシッドの最初のクルマは、テスラの最高のモデルと比べて、ほとんど問題にならない点では同等で、問題になる点では優れているようだ。マーク トウェインは比較を好まなかったかもしれないが、テスラのファンだとこの比較をさらに好まないに違いない。

=海外の反応=
「あらゆる面でテスラのドアを吹っ飛ばしてほしいんだよね。消費者のためになるだけでなく、テスラファンボーイを黙らせるためにも」
↑「てか、テスラは、マジでドアが落ちるじゃん?」
↑「それも、乗って2秒でな」
「EQSは単体で見てもボケたデザインだけど、これと並べてみると、メルセデスがいかに迷走しているかがよくわかるよね。見た目はとてもいい。写真11のウィンドスクリーン/サンルーフも見事。もし実際に使用して多くの問題が発生しなければ、大企業が採用すると思うな」
↑「同感。ルーシッドはメルセデスの「ワンライン・デザイン」の極端ではないものを採用したようだが、素晴らしいものになった」
「結局、ルーシッド エアはルーシッド ドリームに過ぎないと思っていたんだが」
「見た目はいいが、ほとんどの人にとっては夢のような話だろう。8桁の値段がつくのでは?」
↑「最も高いものだと15万ドル(1,665万円)以上、最も安いものでも7-8万ドル(777-888万円)だと思う。簡単に言えば、ポルシェ タイカンが買える金額だから、ほとんどの人には手の届かないね」
「テスラよりもはるかに見栄えが良く、インテリアも素敵」
「ルーシッドの成功を祈るけど、テスラのようなスーパーチャージャーネットワークがないので、彼らのUSPがわからない。もし私が購入するとしたら(宝くじでも当たらない限り)、実績のあるメーカーのものがいいね。EQSは球根型だけど、信頼できるディーラーのネットワークがあり、綿密に設計されているように見える。ポルシェ タイカン/アウディ GTも印象的だね」
↑「520マイル(837km)の航続距離を持つルーシッドは、テスラを追いかける他のEVメーカーに比べて、充電ネットワークの充実を必要としていない」
「テスラとは違い、ルーシッドは実際にデザイナーを雇ったようだ。確かに高価だが、少なくともお金をかけているように見える。テスラは、子供が描いたモンデオのようにしか見えない」
「実際に生産を開始した彼らには脱帽。私たちは、多くの新規ブランドがこの段階で失敗するのを見てきた。もちろん、この先に生産を拡大して利益を上げるのは難しいことだが、今回(そして最近発表されたリヴィアン)を見て、新しいEVブランドは本当にスケールアップして繁栄することができるとますます確信したよ」
「内装も気に入ってる(特に真ん中にIMAXスクリーンがないのがいい)」

アーカイブ

subscribe RSS