パガーニ ウアイラの後継車が2023年にメルセデスAMGのV12ターボを搭載して登場

世界最小のハイパーカー人口と永遠に続く太陽がある、小さな島パガーニからのニュースだ。ウアイラの後継車は、予定より2年遅れの2023年に登場する予定で、メルセデスAMGのV12ターボを搭載している。

「C10」という内部コードネームを持つこの特注の新型ハイパーカーは、AMGがイタリアのブティックカーメーカーのために特別に製作した6.0リッターのビトゥルボV12を搭載し、おそらくより高度なチューニングが施されるだろう。ロードスター BCが最高出力791bhp、最大トルク1,050Nmを発揮することを考えると、これはちょっとした恐怖である。

パガーニのボスであるオラチオ パガーニはトップギアに対し、このエンジンはパガーニの顧客と相談した上で開発されたものであり、数年は使えるものを作るためにAMGと相談したと語った。

パガーニ氏は、「(ウアイラ後継車のパワートレインの)さまざまなシナリオを検討したとき、我々は顧客を優先しました」とTGに語った。「みなさんと話をして、彼らが何を望んでいるかを理解しようとしました」

「最終的には、パガーニの電気自動車やハイブリッド車に興味を持つ人はいませんでした。それよりも、軽くて運転しやすいクルマをもう一度手に入れたいという要望が多かったのです。そのためには、メルセデスAMG社と72カ月以上にわたる共同作業を行い、パガーニの新しいV12エンジンを開発して並外れたパワーとトルクを実現し、ロードスター BCのような1,300kg以下の車に搭載する必要がありました」

「このエンジンは、第2バージョンではC10プロジェクトに搭載され、2026年から2027年までのすべての排ガス規制に適合します」と付け加えた。この期限を延長する可能性もあるかもしれない(パガーニは年間50台以下しか製造していないことを忘れてはならない)。

しかし、2027年以降はどうだろうか?AMGはもちろん、メルセデスも2030年以降は電気自動車のみを販売することになっており、パガーニにとっては少々厄介なことになる。AMGのボスであるフィリップ シーマーに、オラチオのエンジンは今後どうなるのかと聞いてみたところ、彼は「AMGの良き友人」であり、2人は「常に連絡を取り合っている」とだけ答えた。

オラチオ自身はもっと明確に語った。「3年以上前から、顧客やディーラーがこの方向性に興味を示していないにもかかわらず、我々は代替駆動装置を搭載したクルマのプロジェクトに取り組んできました」と語った。これは、2019年に彼がトップギアに独占的に語った、パガーニが電動ハイパーカーを開発しているという爆弾ニュースの内容を反映しているものだ。

当時、パガーニはすでにプロジェクトを2年ほど進めており、バッテリーの開発だけで2,000万ユーロ(26億円)程度かかると見積もっていた。「ここでの本当の課題は重量です 」と彼は2019年に私たちに語っている。「リマック C_Twoは美しく印象的ですが、とにかく重い。シロンはとても素晴らしいですが、こちらも恐ろしく重いです」

「私たちのウアイラは軽く、よりたくさん横Gを引っ張ることができます。本当の挑戦は、(EVを)軽量なクルマにすることです。これはパガーニのお客様が望んでいることです。軽量で、見た目にも美しく、さまざまなディテールを備えたクルマです」

パガーニ氏は、彼と彼のチームが「大きな熱意」を持ってこの新しいハイパーカーに取り組んでいると断言している。さらに、「幸いなことに、2035年はずっと先のことなので、それについて考える時間は十分にあります!」とも語ってくれた。

あなたは電動パガーニの準備ができてる?それとも、ワンオフのゾンダやワイルドな自然吸気のウアイラ Rの終わりのない流れで、あなたの物欲を満たす?

私たちは文句を言っているわけじゃない。言ったように、パガーニの国ではいつも太陽が輝いている。空を飛ぶ鳥でさえ、ハイパーカーの名前にインスピレーションを与えてくれるのだから…。

=海外の反応=
「10年間でマックス140台しか生産しない会社が、排ガス規制に対応する必要があるとは思えない。何か抜け道があるに違いない。だったら、ターボを捨てて、ウアイラ R N/A V12を選べばいいじゃないか」
「これも顧客が自分の欲しいものを知らないということなのだろうか?パガーニはハイブリッドのNA V12を販売できると思う。ラフェラーリのパガーニ版とか…。でも、それは避けたかったのかもしれないね…」
「男の子の寝室用ポスター。唯一の真のスーパーカー。他のものはすべて、ただの癖の強いものでしかない」
「実車を見たいなあ」

アーカイブ

subscribe RSS