‘アイスマン’キミ ライコネンが2021年末でF1から引退…ベストシーンはなんだろう?

アイスクリームを片手に、最高の気の利いたセリフを用意して、この日を迎えた。'アイスマン'と呼ばれたキミ ライコネンは、今シーズンをもってF1を引退することを発表しました。

2007年のワールドチャンピオンであるキミは、シーズン終了後のアブダビGPでアルファ ロメオのドライバーとしてF1キャリアを終えることを発表した。

キミがF1を去るのは今回が初めてではない。2009年末にフェラーリを離れ、ラリーやNASCARに参戦した後、2012年にロータスに復帰している。しかし今回は、41歳のフィンランド人レーサーが戻ってくることはない。

ライコネンはInstagramに「これが最後だ」と書いている。「これが僕のF1での最後のシーズンになります。これは、去年の冬に下した決断です。簡単な決断ではありませんでしたが、今シーズンを終えて、新しいことをする時が来ました」

「まだシーズンは終わっていませんが、家族、すべてのチーム、私のレースキャリアに関わるすべての人、そして特にこれまでずっと私を応援してくれた素晴らしいファンの皆さんに感謝したいと思います。私にとってF1は終わりになるかもしれませんが、人生にはまだまだ経験したいこと、楽しみたいことがたくさんあります」

「すべてが終わったら、また会おう!」

2001年にザウバーでF1キャリアをスタートさせ、序盤のペースの良さが印象的だった。翌年にはマクラーレンに移籍し、2006年までウォーキングに在籍した後、2007年にマラネッロのフェラーリに移籍した。フェラーリでの最初のシーズンには、ルイス ハミルトンを1ポイント差で抑えてF1ドライバーズタイトルを獲得したが、その後、ラリー活動のためにF1を降りることになった。

その後、F1に復帰してロータスに所属した後、2014年から2018年にかけて再びフェラーリに戻り、最初はフェルナンド アロンソ、後にセバスチャン ベッテルとコンビを組む。以来、アルファでレースに参戦している。

F1のボス、ステファノ ドメニカリは次のように述べている。「キミは我々のスポーツの素晴らしい部分であり、個人的な友人であり、真のチャンピオンでもあります。私は、フェラーリで彼と一緒に仕事をする機会に恵まれ、彼の素晴らしい人柄を知っています。私たちは皆、彼と彼のユニークなスタイルを懐かしく思い、彼と彼の家族の将来に幸あれと願っています」

ブランドルとのインタビュー、「トップギア」と呼ばれるモータースポーツ番組(←違うだろ)への出演、洒落た一発芸など、彼の最高の瞬間を思い出す一方で、彼の後任とドライバーのシャッフルについての問題が始まっている。

あなたのお気に入りのキミF1の瞬間を下のコメント欄に投稿してね。

=海外の反応=
「もし、自分の人生にキミ ライコネンでしか埋められないものがあると感じているなら、フォーミュラWでレースをしているエマ キミライコネンがいる。
ライコネンについては、レース後の混乱した時間なのに、発表をしてくれて、ありがとう」
「キミがいなくなるのは寂しい。いつの日か他のシリーズで彼を見られることを願っている。僕は、キミの後任としてボッタスがアルファに、ラッセルがついにメルセデスに、アルボンがウィリアムズでF1に復帰すると予想してる」
「お気に入りの瞬間は、2005年のモナコでフェルナンド アロンソに0.5秒差をつけてポールポジションを獲得したこと」

アーカイブ

subscribe RSS