マクラーレンがエルバ(ウインドウ付き)、アルトゥーラ、765LT スパイダーの新車3台を披露

マクラーレンが、9月2日から5日にかけて開催されるサロン・プリヴェで大規模な展示を行う。新型ハイパフォーマンス・ハイブリッドのマクラーレン アルトゥーラ、トップギア・ジャパン 044号でも特集されたオープントップ・スピードスターであるエルバのウィンドスクリーン・バージョン、765LT スパイダーおよびマクラーレン GTが展示される。

サロン・プリヴェの舞台となるのはブレナム宮殿を取り巻く美しい庭園で、英国郊外のオックスフォードシャーに位置している。2006年の創設以来、イギリスでも特に華やかなコンクール・デレガンスの一つとして知られており、素晴らしい食事やシャンパンが楽しめる秋を代表する、なくてはならない社交イベントへと発展してきた。庭園には、ドレスアップしたゲストが集う。

マクラーレンのブースに展示される最新モデルとしては、まずハイパフォーマンス・ハイブリッド・スーパーカーのアルトゥーラだ。ブリティッシュ・モーターショーに登場したばかりのエンバー・オレンジの一台になる。アルトゥーラは、マクラーレンが蓄積したロードカーとレーシングカーの知識と経験をすべて結集したモデルだ。イギリス国内で開発・製造された全く新しいマクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を採用し、そこにバンク角120°のツインターボ3.0リッターV6エンジンと、これをアシストする出力95PSのアキシャルフラックス型Eモーターを搭載している。

DIN重量はクラス最軽量の1,498kgで、総出力は680PS、最大トルクは720Nmに上るため、Arturaは0-200km/h加速8.3秒、最高速度330km/hという驚異的なパフォーマンスを発揮。また、電力のみのモードの航続距離は最高30kmと、日常的な使用に適した設計だ。

そして、トップギア的には、一番注目したいのが、オプションのウィンドスクリーンを装備したエルバだ。アルティメットシリーズのスピードスターであるエルバは、ハンドルを握る喜びを徹底的に突きつめたモデルである。…じつは、そのエルバの撮影中に雹が降ってきて、そうなると、さすがにウインドウレスはきついみたいなんだよね。だから、天候が悪い場合は、こっちのエルバのが良さそうだ。そのエッセンスはこのバージョンでも変わらず、インテリアと外部との境界は幾分はっきりするものの、細いウィンドスクリーンはエルバの見事な造形美と完璧に調和している。展示されるのは鮮やかなサテン・ブルーの一台だ。マクラーレン史上、特に希少なモデルだけに、サロン・プリヴェの来場者にとっては必見の展示となるだろう。

そして、今回初登場となるのがアンビット・ブルーの765LT スパイダーだ。既に完売した昨年発表の765LTクーペに続き、今夏初めに発表されたばかりの最新ロングテールである。わずか11秒で開閉する電動の一体型リトラクタブル・ハード・トップが加わったにもかかわらず、カーボン・ファイバー製シャシーによって、批評家も絶賛するクーペの優れたダイナミクスをすべて継承することができた。その速さはマクラーレンの歴代スパイダー最速です。765LTの4本出しエグゾーストが奏でるドラマチックなサウンドがキャビンを包み、強烈なドライビング・エクスペリエンスを体全体で味わうことができる。

パフォーマンスと極上のエレガンスの両方を重視する方のために生まれたのがマクラーレン GTだ。サロン・プリヴェではサーペンタインの一台が展示ラインナップに加わる。GTは、マクラーレンのドライビング・エクスペリエンスをいっそう幅広い人々に届けるモデルだ。秀逸なデザイン、広々としたラゲッジスペース(マクラーレンとのコラボレーションで生まれたトゥミのトラベルバッグがぴったり収まる)、ラグジュアリーな雰囲気のインテリアに、マクラーレンならではの驚異的なパフォーマンスと刺激的なダイナミクスが組み合わされている。

「イギリスの自動車イベントの中でもハイライトであるサロン・プリヴェに再び参加できることを嬉しく思います。モダンなラグジュアリー・スーパーカーメーカーであるマクラーレンにとって完璧な舞台といえます。大切にされてきた新旧の名車の数々と並んで、私たちのスーパーカーがブレナム宮殿の美しい敷地を彩るのは、きっと見事な光景でしょう。会場でマクラーレンのオーナーやブランドを愛する方々とお目にかかれるのを楽しみにしています」

マクラーレン・オートモーティブ、ヨーロッパ・中東・アフリカ担当マネージングディレクター、

ブレット・ソーソー

https://cars.mclaren.com/jp-ja

アーカイブ

subscribe RSS