ベントレーのビスポーク部門、マリナーによるバカラルとブロワーが完成

ベントレーのビスポーク部門、マリナーでは、最高峰のハンドクラフトによるビスポークプロジェクトの新シリーズの2モデルの最初の顧客向け車両を完成させた。各車両はそれぞれ12台のシリーズの最初のもので、バカラル・カーワンはマリナーの新しいコーチビルドのバルケッタの顧客へのデリバリー第1号となる。バカラルについての詳細は、バカラルの紹介動画トップギアオリジナルのバカラルなどで確認されたい。一方、ブロワー・カーワンは、ヘンリー・ティム・バーキン卿の1929年製スーパーチャージド4.5リッターをミリ単位の精度で機械的に再現したもので、世界初の戦前のコンティニュエーションシリーズの最初の顧客向け車両となる。

最初の顧客向け車両は、ベントレーでは「カーゼロ」と呼ばれるエンジニアリングプロトタイプの後に登場する。それぞれが様々な場所で耐久走行距離、性能、気候のテストを完了し、両プロジェクトのエンジニアリング・サインオフが無事に達成され、ユーザーへの製造を開始することができる。

ベントレーのマリナーとモータースポーツ担当取締役であるポール・ウィリアムは次のようにコメントした。

「最初の2台が完成したことで、チーム全体が大きな誇りを感じています。これらのプロジェクトの設計と開発には何年もの時間が費やされてきましたが、それらが完成したのを見て、非常にやりがいを感じました。これらの車は完全にユニークで、完全なビスポークでありながら、他のベントレーと同じ品質基準で作られています。21世紀のコーチビルドされたグランドツーリングバルケッタと、1929年のロードゴーイングレースカーを再現することができるのは、世界でもマリナーだけなのです」

「お客様に新車をお届けし、両シリーズの残りのオーダーの製造をすることを楽しみにしています。マリナーコレクションシリーズの主流でありながらも個性的な車であると同時に、マリナークラシックとコーチビルドポートフォリオの最初のモデルですが、これからもっと増えていくでしょう。まだ始まったばかりなのです」

完全12台限定の2つのシリーズのすべての車と同様に、この最初の車両は、すべてのディテールがオーナーによって指定されており、完全なビスポークとなっている。

個人的な依頼である性質上、ベントレーは顧客の身元や車の行き先を明らかにすることはできない。しかし、それぞれのオーナーは、運転への愛情、クラフツマンシップ、本物志向、細部へのこだわりを共有しており、これらはすべてマリナーに深く関連している。

ブロワー・カーワン
ブロワー・コンティニュエーション・シリーズの1号車は、クラシックなデザインを完璧に再現した輝かしい例だ。ボディは当時も使用されたレクザイン社製の人工皮革のレザークロス生地で縁取られ、ベースとなったオリジナルのブロワー(チームカーNo.2、登録番号UU 5872)の色を再現した特注のバーキングリーンのペイントで仕上げられた。チームカーNo.2、登録番号UU 5872は、ティム・バーキン卿が製作、所有、レースに参加した車で、現在もベントレーモーターズが所有し、毎週走行している。したがって、カーワンは継続シリーズのスタートに最もふさわしいクルマでもある。バーキングリーンのボディには同色のワイヤーホイールが装着され、インテリアには同色のレザーが使用されている。折りたたみ式のルーフはブラックだ。

メカニズム的にはバーキンのオリジナルと同じですが、安全上重要な2つの特徴がある。それは、最新の電動燃料ポンプと、燃料タンクへのフォームバッフル。また、オリジナルのダイナモを改良したダイナメーターが追加され、オリジナルのダイナモの外観を維持しながら、よりパワフルで信頼性の高い充電システムを実現している。エンジンはW.O.ベントレー自身が設計した4.5リッターの新品で、アルミニウムピストン、オーバーヘッドカムシャフト、シリンダーあたり4バルブ、ツインスパークプラグを備えている。フロントにはブロワーの名の由来となった象徴的なスーパーチャージャーが取り付けられており、これは著名なエンジニアであるアマースト ・ヴィリエが1920年代に製作したものを正確に再現したもの。エンジンのサインオフ時に出力を測定したところ、100年近い歴史を持つこの設計で、240bhpを確実に発揮した。

バカラル・カーワン
ブロワーと並んで、バカラル・カーワンも完成した。バカラルのデザインは想像力をかきたてるもので、内外装の素材、色、仕上げのほとんどがビスポークである。

カーボンファイバー製のボディは、お客様のビスポークカラーであるシャンパン色を帯びたサテンシルバー「アトム・シルバー」で仕上げられている。22インチのバカラル・トライフィニッシュ・ホイールには、ポリッシュ仕上げのフェース、ダークグレーのサテン・スポーク、グロス・モスグリーンのアクセント・ハイライトが施されている。モスグリーンのアクセントは、フロントグリルのセンターバー、ヘッドランプの内側、アッパーボディのクロームサラウンド、リアのグロスブラックの「パワーハンプ」周辺にも施されている。また、Aピラー、グリルのメッシュとサラウンド、ボンネットベント、サイドベント、ロワーボディ、リアバンパーインサート、ブレーキキャリパーにもグロスブラックのコントラストが施された。リアは、グロスブラックのアウターエキゾーストチップとモスグリーンのインナーで仕上げられている。

バカラル・カーワンのインテリアは、同じブラック&グリーンのトレンドを踏襲している。ベルーガのレザーにモスグリーンのハイドをアクセントとしてバカラル独自のキルティングパターンによるコントラストステッチがコンソールのウィング、アウター・シートバック、キャビン全体へ施された。シートセンターには上質なナッパレザーを使用し、カーペットはベルーガのダイヤモンドカービングを施したオーバーマットにモスグリーンのバインディングとステッチが施されている。

グロスブラックのウッドの上にオープンポアリバーウッドを重ね、ユニークなサテンブロンズのディテールを施したものが、コックピットからドア、そしてフロントシートの後ろへと流れ、5,000年前のウッドのサークルを作り出している。キャビンのディテールは、本当に特別なものに仕上がっているのだ。

■ブロンズ仕上げのステアリングホイールとヘッドレストのベゼル、アッパーベンチレーションのブルズアイベントとアクセントリング
■サテンニッケル仕上げの時計とベントレーローテーションディスプレイダイヤルフェイス
■ブラックアルマイト仕上げのインテリアブライトウェア
■ブライトクローム仕上げのベントレーウィング
■グロスブラック仕上げのスピーカーグリル
■フロントシートの後ろに収まるビスポークのバカラルラゲッジはベルーガのハイドで作られ、モスグリーンのベントレーの刺繍エンブレムとバカラルキルティングパターン、ベルーガのファインナッパレザーのパイピングが施されている

最後に、バカラル・カーワンのキーは、車に合わせてモスグリーンのステッチが施されたベルーガのハイドで縁取られた特注のキーボックスに入れてオーナーへと渡される。キーそのものにも側面はグロス・モスグリーンで、バカラルの特別なローレット仕上げが施されている。

ブロワー・カーワンとバカラル・カーワンはまもなくそれぞれのオーナーのもとへ旅立っていく。一方、マリナーの製造チームは、これらの最初の車と同様に、それぞれのオーナーにとって特別で唯一な、次の3台の車の製造を続ける。

https://www.bentleymotors.jp

アーカイブ

subscribe RSS