3台のEVのうち、2番目はクロスオーバーEVだった!ヒュンダイ ジェネシス GV60

ヒュンダイ アイオニック 5のアイデアは好きだけど、スタイリングは嫌いだって?だったら、ジェネシス GV60のサイズ感を試してみてほしい。これは、現代自動車の高級車部門が今後1年間に発売する3台のEVのうちの2番目のモデルだ。最初のモデルは、今年末に発売される予定の電動化されたG80(結局、ヨーロッパにも導入されるって)だ。GV60はその後すぐ、2022年の前半に発売される予定になっている。

まだまだ先の話なので、ジェネシスはほんの少しの写真と限られた情報しか公開していない。しかし、アイオニック 5と同様に、GV60も賢い「E-GMP」プラットフォームをベースにしていることは分かっている。そのため、バッテリーの大きさや航続距離、モーターの出力や位置など、技術的なことをある程度想定することができる。しかし、ここでは触れない。アイオニック 5の包括的なレビューを読んで、ご自身で結論を出してほしい。あるいは、いずれジェネシスがすべてを発表してくれるのを待つか。

スタイリングについては、ジェネシスは「アスレチック・エレガンス」をテーマにしていると聞いている。小型車では前者、大型車では後者の傾向があるとのこと。GV60は、ジェネシスのトレードマークであるスプリットヘッドライトとテールライト、クラムシェルスタイルのボンネット、精巧なアルミ、カメラ付きミラーなどを備えている。また、フロントグリルを低くすることで、車体下部のバッテリーに冷たい空気を送り込むことができるのだ。なお、このモデルには他にも様々なカラーバリエーションが用意されているようですので、ご安心を。

室内には、独立した空調コントロール、大きなタッチスクリーン、そして「クリスタル・スフィア」と呼ばれるものがある。これは、「対向車の走行状況を直感的にドライバーに知らせる球状の電子制御トランスミッション」だ。カメラミラーの画面は、ホンダeのようにうまく配置されている。よく見ると、ステアリングホイールに「ブースト」と書かれたボタンがあるんだよ。興味深いよね。

詳細は、続報を待つしかないかな。

=海外の反応=
「これは全体的に見ても、内側から見ても悪くはないんだが、あの潰れたリアエンドは、本当に必要なかったよね…」
「アイオニック 5やジェネシスなどの他の車も好きだけど、これは完全に失敗。フロントは目を細めているように見えるし、全体的にヒュンダイよりもプレミアム感がない。奇妙なリアエンドは日産ジュークの兄弟のように見え、大型ハッチではなくクロスオーバーであることも、この車の魅力を失わせている。ヒュンダイはコンセプトカーのような明確なレトロ感がある。だが、それが嫌な人なら、キアはすっきりとしたデザインになっている」
「僕はニューモデルのデザインを気に入ってる」
「ジェネシスのデザインチームは最初の失敗をしてしまったようだね。みんなが夢中になっているクーペのようなルーフラインを使わなければ、いい感じになったかもしれない」
「これは理解に苦しんだ。アイオニック 5やキア EV6の方がずっといいよ…」
「うわー、醜い車だね」
「ジェネシスの高級志向(それは本当にきちんと実行されてきている)に対して、これは間違いなくミスステップだ。見た目は野暮ったいし、高級感もなく、おまけにこの車を見せるにはひどい色だ。本当に残念」
「好きだけどな」
「ヒュンダイとジェネシスは大好きだけど、これには本当にがっかりした」
「シトロエンからの流れ?最高のルックスとインテリア」
「ジェネシスのデザイン言語は、ICE車よりもこのウェザーモビルの方がよく解決されているようだ。通常のEVの注意点が適用されるので、興奮することはない」

アーカイブ

subscribe RSS