ザ・マッカランエステートに届けられた激シブ!なベントレー ベンテイガハイブリッドは再生可能エネルギーで充電

激シブ!そんな言葉が出てきそうなベンテイガが仕上がった。ベントレーは、スコットランドのスペイサイドにあるザ・マッカランエステートにビスポークのベンテイガハイブリッドを届けた。先月発表されたベントレーモーターズとマッカランとの長期にわたるパートナーシップに基づき、今回のベンテイガハイブリッドは、この後に続くフライングスパーハイブリッドとともにザ・マッカランエステートに常駐する予定だ。

ザ・マッカランエステートにハイブリッド車を提供したことは、体験と学びを共有してサステナブルトランスフォーメーションを遂行するという、両ブランドのパートナーシップの基本理念を反映している。

新しいハイブリッドSUVは、ザ・マッカランエステートでのエクスクルーシブな体験とVIPの送迎に利用され、静かで持続可能なラグジュアリー空間を提供する。エステート内に新たに設置された充電ポイントで充電されるが、そこで提供される電力は、スコットランドのウォードロー・ウッド・ウィンド・ファームで生産された100%REGO認証(Renewable Energy Guarantee of Origin:再生可能エネルギー発電源証明)を受けた再生可能電力だ。

このクルマは、広大で多様な自然生態系が存在するザ・マッカランエステートの色と調和するように設計されている。エクステリアのカラーはリッチなダークメタリックグリーンのビリジアンで、すべてのエクステリアブライトウェアをグロスブラックに変更するブラックラインスペシフィケーションが採用された。また、マリナードライビングスペシフィケーションのブラックペイント&ブライトマシン仕上げの22インチホイールが装着されている。

インテリアも同じコンセプトで作られており、ポーポイズとカンブリアングリーンのハイドに、マッカランの素晴らしいウィスキーの美しい色合いを表すリキッドアンバーのパネルが合わせられている。

ザ・マッカランエステートのための新型ベンテイガハイブリッドは、その新たな本拠に合わせ、繊細かつ複雑なディテールが施されている。これらは、ほとんど無限といってよいほどの選択肢を顧客に提供する、マリナーのパーソナルコミッショニングガイドを通じで提供された。

各シートにはイースターエルキーハウスのマークが付けられている。これは、ザ・マッカランエステートの中心にある18世紀のハイランドマナーハウスを表したもので、ポーポイズのハイドに映えるカンブリアングリーンの糸で精密に刺繍が施されている。助手席のフェイシアには、ウッドパネルに「THE MACALLAN」の文字が刻まれ、4枚のトレッドプレートはマッカランのモチーフを表すユニークなデザインになっている。

ドアを開けると、ベントレーのLEDウェルカムライトが、くっきりとした白のライトでイースターエルキーハウスのマークを床に映し出す。

485エーカーのザ・マッカランエステートは、スペイサイドの中心部の息をのむような自然の中にあり、スコットランドの醸造所の中でもユニークな存在となっている。豊かで多様な自然生態系が存在し、60,000本以上の樹木と、70以上もの野生動物や鳥、魚が生息し、中にはアカリスやアナグマ、カワウソ、マツテンなど7種EUの保護種も含まれている。

2018年に、マッカランは賞を受賞したスペイサイド醸造所を発表し、新たな一歩を踏み出した。持続可能性を推進するため、国際的に評価の高い建築家が周辺の古来のスコットランドの丘にインスピレーションを得て設計した建物で、最近では新型フライングスパーハイブリッドのグローバルローンチが行われた。

今回の新型ベンテイガハイブリッドは、ザ・マッカランエステートに届けられるベントレーの第一弾。今年末か来年初頭には、今回の車と色や仕様を合わせた新型フライングスパーハイブリッドが届けられる予定だ。ベントレーは、これらのエステートカーを年2回入れ替え、その間に新たな色やデザインを提供していく。ザ・マッカランエステートにある車はすでに20%電動化されているが、2025年までに100%電動化するという目標を掲げており、今回のベントレーのハイブリッド車が加わることによってその目標に近づくことになるのだ。

ブランド同士のコラボレーションは、製品だけにとどまらず、各社の環境への考え方まで含めて、人々にアピールする時代になっているようだ。今後はますます企業として、理念の打ち出しが求められていくだろう。

https://www.bentleymotors.jp

アーカイブ

subscribe RSS