クーペが買えなくて泣いてた人に朗報 マクラーレン 765LT スパイダーがあるさ

マクラーレン765LTクーペは完売したけど、この機会を逃しちゃったって?そんなあなたに朗報だ。マクラーレン 765LT スパイダーが登場したよ。開閉式のカーボンハードトップを除けば、基本的にはLTクーペと同じだけどね。マクラーレンはスパイダーをクーペと同数(全世界で765台)生産しているが、日本価格は49,500,000円 で、2021年生産分はすべて売約済みとのこと。

マクラーレン最速のコンバーチブルは、4.0リッターツインターボV8を搭載し、最高出力765PS、最大トルク800Nmを発揮。LTスパイダーの0-62mp100km/h、0-200km/h、最高速度はLTクーペと同じで、それぞれ2.8秒、7.2秒、330km/hとなっている。パワートゥウェイトレシオは、最小乾燥重量でコンバーチブルクラス最高の598PS/tだ。車重は1,388kgで、LTクーペよりも49kg重く、通常の720Sスパイダーよりも80kg軽くなっている。

LTクーペと比較して増加した重量のほとんどは、50km/hまでなら11秒で格納可能な一体型カーボンルーフとその操作機構に起因している。リアウィンドウはルーフとは独立して下げることができるので、雨が降っていてもチタン製のクワッドエグゾーストの音がよく聞こえるようになっている。マクラーレンによれば、765のカーボンファイバー製「モノケージII」構造は非常に強固で、スパイダーには追加のブレースは必要ないとのこと。

LTのダンパーやアクティブ・エアロダイナミクスは、スパイダーのために再チューニングされている。「コンバーチブルルーフがもたらす新たな次元のシアターとドラマ」により、スパイダーはベースとなったクーペよりも「より没入感のある、魅力的なクルマ」になることが約束されている。とりあえず、765LTクーペの公道走行の感触は、ネタバレになるが…強烈であった。

「新765LT Spiderの導入で、LTサブブランドはさらに拡大します。ロングテール・スーパーカーが、刺激的な究極のパフォーマンスと希少性で、お客様をますます惹きつけているのは明らかです。765LTクーペは765台がすでに完売しており、新LT Spiderを公表する現時点で、2021年の生産分が既に埋まっている状況です」と、マクラーレン・オートモーティブCEO、マイク フルーウィット氏は述べている。765LTクーペが買えなかった人にまたとないチャンスだ。

https://cars.mclaren.com/jp-ja
=海外の反応=
「1年半ほど前の記事をコピーしてみたけど、マクラーレンが定形にあわせてやっているようだった。サーキット走行に特化したもうひとつのマクラーレン[番号][文字]は、[コンポーネント]が以前より[数]kg軽くなり、[数]kgの縁石重量になっています。モデル]と[モデル]の間にスロットがありますが、見分けるのは難しいでしょう。価格は[数字]ポンドです」
「これは予想外の新型車の発表だった。けど、つまらない!?」
「最近のスーパーカーの「限定版」の多さは驚異的で、まさにインフレの様相を呈している(90年代のドットコムバブル崩壊前の「お金のない物好き」を思い出すな)。ほとんど同じ金額で、はるかに面白くて速いマシンが買えると言わざるを得ない。ランニングコストだって、バリューリテンションの概念を馬鹿にしたような「限定車」の生産量を考えれば、ほとんど中身は変わらない」

アーカイブ

subscribe RSS