イーロン マスク、他社のEVもテスラのスーパーチャージャーを使えるようになると明言[わりとすぐに]

Twitterが、元ガールフレンドの親友の子犬が昨日の夕食に何を食べたかを知ることができる、単なるニッチなメッセージングサイトだったことを覚えてる?けど、今はもう違う。今じゃ、電気自動車のあり方を変えるかもしれないニュースをさりげなく発信するプラットフォームとなっているんだ。

このニュースは、予想通り、イーロン マスクのアカウントから発信されている。彼はプレスリリースや記者会見をあまり行わず、ただツイートしてマイクを落とすだけだ。ここで、最新の事実が明らかになった。

マスクは、テスラ専用のスーパーチャージャーネットワークの成功を指摘するファンのツイートに反応して、「当時は標準規格がなく、テスラしか長距離用電気自動車のメーカーがなかったので、独自のコネクターを作ったんだ。これは、低出力と高出力の両方に対応した、かなりスリムなコネクターだ」

「とはいえ、今年の後半にはスーパーチャージャーネットワークを他の電気自動車にも開放する予定だよ」

これはテスラ以外のEVの利用者にとっても大きなニュースとなるだろう。というのも、スーパーチャージャーは、世界中、特に英国で利用しているトップギアの経験では、最も一般的で認知度が高く、信頼できる充電ハブだからだ。

現在、世界には25,000台以上のスーパーチャージャーが2,560カ所以上に設置されている。そのうち半分弱は北米にある。スーパーチャージャーは、最大250kWの電力を供給することができ、大型バッテリーの急速充電という、もう一つの大きな特徴を備えている。

マスクはこのツイートに続いて、別のフォロワーに、このサービスを「時間をかけて(すべての国で)」提供する計画であることを伝えたが、この共有と思いやりの展開がどこで始まるのかはわからない。いや正確には、いつから始まるのかはわからない、ってことだ。

テスラはとても寛大な会社だと思うけれど、それとも、大きな問題を抱えていて、それが彼らを苦しめることになるのだろうか?(あなたの意見をお聞かせください。テスラについてだからね、関係ないことはダメ。

=海外の反応=
「他のメーカーにとっては大きな利益になるし、充電ネットワークからの収益も増えるから、理にかなってる。でも、テスラは最も重要な資産のひとつを失うことになる」
「これは、特に他の電気自動車にとっては良いことのように思えるかもしれない。僕はテスラを買うだろうか?いいえ。しかし、必要に応じてスーパーチャージャーを利用しますか?それはそうするね」
「ほらね…。またまた、間違った先入観を持っていたんだね…。イーロンは金儲けのためではなく、自動車業界に変革をもたらし、電気自動車にするためにテスラを始めたんだ。その目的は達成されたと言えるだろう。もしテスラが他のメーカーにネットワークを開放すれば、彼はその変化をより早く、より多くコントロールすることができる。そして、彼がロケットを打ち上げたのは、自分のエゴを満たすためではなく(まあ、それもあるかもしれないけど)、人類が宇宙船地球号を出て、他の岩石を植民地化するためだ」
「多くのスーパーチャージャー設置場所は需要が高く、テスラドライバーは空きの充電スペースを待たなければならなくなる。容量が大幅に増えない限り、シェアリングにはあまり興味がない」
「これこそが絶妙なアイデアと呼ぶにふさわしいものだ。他の自動車メーカーがテスラの充電モデルに追随し、適応していくことだろう。もちろんテスラはより多くのお金を稼ぎ、すぐに株は1兆ポンド(150兆円)以上になるだろう。人間は空気中からお金を作り出すことに長けている。ああ、彼は配管会社やロケット会社の他に、ビットコインも手に入れたんだ」
↑「あるいは、韓国勢がよくできた実用的なEVを良心的な価格で市場に投入することで、イーロンのクルマの利益率が低下し、高速道路のサービスエリアでの電気代の過剰請求で次の報酬を得ることになるかもしれない。公平に見て、もしテスラがそうしなくても、他のどこかがそうするだろう」
↑「それに、僕はすでにICEの燃料タンクに年間1,000ポンド(15万円)を注ぎ込んでいるし、EVの自家充電にはわずかな費用しかかからないので、たまにバッテリーを補充することでかなりの節約することができるし、消費者としての私にとってもより意味のあること」

アーカイブ

subscribe RSS