元日産のボス、カルロス ゴーン氏が箱に入って日本を脱出したっていうワイルドな話

日産自動車の元ボス、カルロス・ゴーン氏は、個人的な金融不正の疑惑で逮捕された後、日本を脱出した方法についてBBCニュースに語っている。

自動車界の大物であり、最も成功した人物の一人であるゴーン氏は、2018年11月、内部告発者から「報酬を過少申告している」「会社の資産を個人的な利益のために使っている」という告発を受け、センセーショナルに逮捕された。

逮捕後、ゴーン氏は2019年4月に保釈金を支払った。彼は24時間の監視下に置かれ、渡航禁止令が出されていた。その後、日本を脱出し、2020年1月にベイルートで初めて公の場に姿を現した。

そこでは、自分が直面している疑惑や、日本で受けたと主張する処遇について語ったのである。

当時、ゴーンはどのように逃亡したのかを明らかにしていなかったが、BBC ニュースの独占インタビューで、日産の元社長は、「普段着で散歩するような日」に、別の服に着替えて、東京から大阪まで新幹線で移動したことを明かした。

大阪に着くと、ゴーンは近くのホテルに移動し、音楽機材の箱の中に隠れる。「特にこの頃、日本では多くのコンサートが開催されていた」という理由から、最も論理的なアイデアだったそう。

その後、マイケル テイラーとピーター テイラーという音楽家を装った親子によって、ホテルからプライベートジェットまで約1時間半かけてその箱の中に入れられたという。プライベートジェットはトルコに向かい、ゴーン氏は別の飛行機に乗り換えてベイルートに向かった。

「箱の中に入ると、過去も未来も考えず、ただその瞬間のことだけを考えるようになる」とゴーンはBBC ニュースに語った。…へー、そんなもんかね?まあ、たいていの人は箱の中に入って過ごしたことはないだろうから、真偽の程はわからないけど。

アーカイブ

subscribe RSS