走行距離400kmのマクラーレン F1がペブルビーチの競売に出品、予想落札価格は16.5億円

これはマクラーレンF1だ。「スーパーカーとはどういうものか」という問いに対する答えのようなものである。地球上に存在するすべてのマクラーレンF1の中でも、今回ご紹介するこのクルマは特別なんだ。

なぜなら、これまでの人生で走行した距離は250マイル(402km)以下で、事実上、新品同様だから。1,500万ドル(16.5億円)を超える90年代の英国製スーパーカーへようこそ。

Gooding & Company社は、ペブルビーチのセールでこのF1を競売にかけ、「事実上、納入されたままの状態のF1を手に入れることができる、ほとんど前代未聞の機会です」と述べている。当然のことながら、グッディング社はこの車がオークションウィークのトップセールになると考えており、その落札予想額は1,500万ドル以上になるという。

この車は、ロードレース用とレース用のF1が合わせて106台しか製造されていないうちの1台で、日本のプライベートコレクションに「隠されて」いたようす。丁寧に手入れされ、ほとんど運転されなかった」と言われているが、アメリカ在住の現在のオーナーは、このクルマの哲学を引き継いでいる…つまり、「運転されない」ということだ。

240mph(386km/h)が出せるタイムカプセルのようなものだと思ってほしい。例えば、タイヤは1995年当時と同じグッドイヤー・イーグルF1を履いています。このシャシー029は25台目のロードカーで、マクラーレンF1の中で唯一「クライトンブラウン」に塗装されている。

内装はライトタンとダークブラウンのレザー張りで、627bhpのBMW V12が搭載されているほか、90年代の遺物であるケンウッドのステレオも搭載されている。

他にもいろいろなものが付属している。サービスブック。オーナーズマニュアル(おそらく「キーを回して、大きなペダルを踏んで、笑って」と書かれているんだろう)。チタン製のツールキット。フィットしたラゲージ。タグ・ホイヤーの時計。「オークションに出品された中で最も走行距離の少ないマクラーレン F1を手に入れ、モータースポーツ界でも有数の高級クラブにすぐに入ることができる、一生に一度のユニークな機会です」とグッディングは説明している。

もちろん、「1,500万ドル以上の資金を持っている人」という条件に当てはまる人にとっては、一生に一度のこと、って意味だよ…。

=海外の反応=
「95年の時点で、誰かがこれを投資対象として見ていたことが悲しい。これだけの性能が発揮されず、さまざまな可能性が無駄になってしまった。まさにスーパーカーの原型とも言える、25年後に発売された車と比べても非常に高い競争力を持っている。しかし、25年前にブルーチップの可能性を見抜いた残酷な人がいたために、本来の使い方ができなくなってしまったのだ。それはとても悲しいことだと思う」
「私は、誰かが楽しんで運転しているのがわかっているような、100km走行したものが売りに出される方がいいと思う」
「基本的にはトロフィーカーだ。なぜなら、250マイルの例を買う人は、たった1ヶ月で走行距離を2倍にすることに気が引けるから。この車を家の中の車庫に置けるような購買層を惹きつけるだろうが、結局家の中のきれいな飾り物にしかならないだろう」
「この仕様はとても気に入っているが、250マイルしか走っていないのは、この手の車としては悲しいこと」
「90年代の車にしては珍しく、あの内装は今見てもいい感じだね。エクステリアもそうだな。クルマのデザインとしてはあまり良い時代ではなかったが、いくつかの逸品がネットを潜り抜けた」

アーカイブ

subscribe RSS