ランドローバーが今年末のテスト開始に向けて水素燃料のディフェンダー プロトタイプを製作中

2039年までに完全なカーボンニュートラルを目指すJLRの計画の一環として、今年末には水素を燃料とするディフェンダーのテストを開始する予定だ。

JLRの水素/燃料電池部門のボスであるラルフ クラグ氏は、「我々は、水素が輸送業界全体の将来のパワートレイン・ミックスの中で果たすべき役割があることがわかっています」と述べた。「バッテリー電気自動車と並んで、水素はジャガー・ランドローバーのワールドクラスの車両ラインアップの特定の能力と要件のために、もう一つのゼロテールパイプエミッションのソリューションを提供します」

ランドローバーは、今後5年間で6台の電気自動車SUVを発売する予定で、最初のSUVは2024年に発売される。一方、ジャガーでは2025年以降、EVのみとなる。

=海外の反応=
「この問題に関するすべての結論が出た後で、特別に水素推進の実験を始めるっていうのは、ちょっと遅すぎやしない?」

アーカイブ

subscribe RSS