ランボルギーニ Essenza SCV12のカーボンモノコックシャシーが市販車初の安全規格認証取得

4月からデリバリーを開始したランボルギーニ Essenza SCV12のカーボンファイバー・モノコックシャシーが、市販車初のFIA(国際自動車連盟)ハイパーカー安全規格認証を取得した。自動車分野における複合素材の研究と応用に関するアウトモビリ・ランボルギーニの30年に及ぶ経験の成果となっている。

アウトモビリ・ランボルギーニの、ジョルジオ・サンナは次のようにコメントした。「Essenza SCV12は『laboratory of ideas(アイデアの実験室)』として誕生しました。そのため、荷重を支えるギアボックスにサスペンションを直接取り付けるなど、通常はレージングプロトタイプで採用するような、GTカーとしては画期的な要素を採用することを可能にしました。スチール製ロールケージを搭載しないカーボンファイバー製の新しいモノコックシャシーを特徴としています。これはFIAとの技術協力を通して実現したもので、将来のレーシングドライバーの安全性が飛躍的に向上する一歩を踏み出すことができました」

Essenza SCV12のカーボンファイバー・モノコックシャシーは、サンタアガタ・ボロネーゼにあるアウトモビリ・ランボルギーニ部門の、オートクレーブ装置を用いて製作される。CFK部門はアヴェンタドールのシャシー製作も担当する部門でもある。

FIAがシャシーのホモロゲーションの際に求めるテストは、静的・動的テストの両方を含む、極めて厳しいものである。ランボルギーニ・スクアドラコルセの技術者たちは、Essenza SCV12の基となった市販車のシャシー構造に大幅な変更を加えた。

カーボンファイバー・モノコックシャシーは、FIAの認証試験で12トンを超える力に大きく変形することなく耐える必要があるため、いくつかのポイントで補強されました。シャシーのほか、ペダル、ベルト、燃料タンクなどを対象とした静的テストは20を超える。衝突テストでは、最大の衝撃が加えられる。このテストでは、シャシーに外装パーツが侵入してドライバーと接触することや、燃料タンク漏れは許されない。

ランボルギーニ・スクアドラコルセの技術者たちは、スチール製ロールケージを搭載せず、カーボンファイバーの構造体を用いることを決断した。シャシー内で革新的なラミネートフォーム(ROHACEL®71XT)を使用したことで、全体重量の面でメリットを得られただけではなく、コックピットのスペースを大幅に拡大し、最高の快適性を実現した。

Essenza SCV12のシートはFIA 8862対応認定のOMP製で、スクアドラコルセが設計しランボルギーニのCFK研究施設で製作されたカーボンファイバー製のクレードルに取り付ける。一般的なロードカーに比べるとシートは低く設置しており、運転席と助手席のドア側は、レーシングカーの従来のスチールチューブに代わり、複合素材から成るサイドインパクトガードで保護されている。

ランボルギーニのファクトリードライバー、マルコ・マペッリは次のようにコメントした。「Essenza SCV12は高揚感をもたらすスピードが出せるだけでなく、驚くほど快適でゆったりしたキャビンも備えています。すべてのジェントルマンドライバーに満足いただける、他にはない特徴です」

もう一つの新しいソリューションは、モノコック後部に設置されたクレードルで、これにより縦軸に沿ってエンジンを収納している。ギアボックスには荷重を支える構造的な機能があり、この特性によってよりも高いねじれ剛性を達成している。

マペッリは次のように説明している。「最高速度でを超える空力負荷と車体のねじれ剛性が抜群のドライビング精度につながっています。これにより、ドライバーはステアリングの角度を大きく修正することなく高速でカーブに挑むことができます。Essenza SCV12は、830hpというエンジンの並外れた駆動力により、非常に速いクルマであり、比較的簡単に運転することが可能です」

オーナー限定のサーキットイベントは6月末の開催予定だ。

アーカイブ

subscribe RSS