ルナ ローバーが史上最高のEVだという7つの理由

電気が登場してから1世紀以上、静かな死を迎えてから1世紀、そして生まれ変わってから数十年、電気はついにクールになった。ご想像のとおり、それは長い道のりであり、途中には多くの失敗(※EV1とか)があったが、今ではボルトがVパワーと同じくらいクールだと自信を持って言えるところまで来ている。

もちろん、正しい循環の中であれば、その方がカッコいいと言えるだろう。しかし、狭義での正しい世界では、それは自由を求めてやってくる反キリストだと言うこともできる。そこで、中間の立場に立って、イギリスの中流階級、アメリカの中流階級、オーストラリアの中流が住む地域では、電気自動車はクールだと言われているだろう。

速いと言うクルマがあれば、すぐにどのクルマが一番速いのかを知りたいと思う。高価なものがあれば、一番高価なものを知りたい。そして、何かがかっこよければ、どれが一番かっこいいかを言いたくなるのが人情というもの。そんな私たちにとって、最もクールなEVは「ルナ ローバー」に他ならない。その理由を7つ挙げていこう。

アーカイブ

subscribe RSS